終活関連の資格はこんなにある!仕事内容・試験・費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は終活に関する資格についてご案内いたします。

スポンサーリンク

終活関連の資格について

このブログを始めるようになってから、終活についてもっと見聞を広めて、あなたのよりお役に立つ記事を書きたいと思うようになりました。そこで、

びびあん
得た知識を証明して、信頼してもらえるものといえば、資格かな。

と思い、終活関連でどのような資格があるのか、仕事内容・(試験)実施状況・費用などを調べてみました

終活関連の資格一覧

終活ライフケアプランナー

概要

保険・介護・相続・葬儀・お墓など、相談者が終活のどの分野で悩んでいるのかを明確化して、各分野の専門家に斡旋する仕事です

また、エンディングノートを活用して、高齢期の具体的計画を立てる手助けをします。

エンディングノートについては下記記事をご覧ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

実施団体

一般財団法人 日本能力開発推進協会 (JADP)

実施状況

キャリカレの終活ライフケアプランナー養成講座を修了後、随時在宅にて受験。

費用

講座代37,000円(税別)・受験料5,600円(税込)

合格基準

70%以上得点

標準学習期間

3ヶ月

びびあん
女優の財前直見さんが取得された資格ですね。

こちらの記事も、良かったらご覧ください。

「芸能人の終活エピソード」終活を身近に感じてみよう

終活ライフケアプランナーの詳細はこちらをご覧ください。

終活ライフケアプランナーの資格 – 試験・収入モデルなど

終活アドバイザー

概要

終活の相談相手です。

エンディングノートの書き方や、終活の進め方をアドバイスします。

実施団体

終活アドバイザー協会

実施状況

ユーキャンの終活アドバイザー講座を修了後、在宅にて受験。

費用

講座代35,000円(税込)・協会入会金4,000円・年会費6,000円

合格基準

60%以上得点

標準学習期間

4ヶ月

終活アドバイザーの詳細はこちらをご覧ください。

終活アドバイザー 講座内容・仕事・収入モデル

終活カウンセラー

概要

下記の3段階に分かれ、スキルレベルも異なります。

おしなべて、相談者の悩みがどの分野に当てはまるのか、そしてどの専門家が必要なのかを的確に捉えるスキルが必要です

初級

終活の基礎知識を保有し、エンディングノートが書ける。

上級

カウンセリングのスキルを保有し、エンディングノートの書き方をアドバイスできる。

上級インストラクター

終活カウンセラーの育成講師になれる。

実施団体

一般社団法人 終活カウンセラー協会

実施状況

初級

終活カウンセラー協会指定会場にて6時間の講習を受講後、筆記試験。

上級

年2回。初級合格者で、終活カウンセラー協会主催の勉強会に1回以上参加した人が受験可能。

事前レポート提出・講習1日・課題取組半日・試験半日

上級インストラクター

年1回。上級合格者・終活カウンセラー協会主催の勉強会に2回以上参加した人・「エンディングノート書き方セミナー講師養成講座」受講者が受験可能。

4日間の講習を受講後、試験。

費用

初級

受験料9,970円(税・講習・試験・弁当込)

合格後、終活カウンセラー協会 年会費4,800円別途

上級

39,960円(税・講習・試験・弁当込)・レポート事前審査費2,160円

上級インストラクター

220,000円(税・資料・試験込)

合格基準

非公表、但し初級の合格率は約94%

標準学習期間

初級

1日

上級

1週間

上級インストラクター

1ヶ月

終活カウンセラーの詳細はこちらをご覧ください。

終活カウンセラーとは? 合格率・給料・資格活用法

終活ガイド

概要

医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓といった終活に必要な知識が身に付きます

実施団体

一般社団法人 終活協議会

実施状況

終活協議会指定会場にて3時間の講習後、筆記試験(30分)。

費用

受講料5,000円(税込)

合格基準

60%以上得点

標準学習期間

半日

終活ガイドの詳細はこちらをご覧ください。

終活ガイドとは?仕事・評判・得られる知識

終活士

概要

安心かつ的確に人生のライフエンデイング・ステージ(終活)を行えるようライフエンデイング・ステージの各専門家(税理士・弁護士・司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー等)及び各専門業者(葬儀関係・介護関係・医療関係)と連携し、終活相談者のライフエンデイング・ステージ問題に対し、エンデイングノートの指導をはじめとする個々の相談者の実態に的確に対応できる終活に特化した専門家である。

日本終活士協会. http://www.syukatsu.gr.jp/, (参照2018-11-09)

実施団体

日本終活士協会

実施状況

資格試験

6時間分のDVDとテキストで自主学習後、日本終活士協会指定会場・日程にて筆記試験(100分)。

養成スクール・web配信講座受講

18時間の講座受講後、レポート提出し、終活士登録をします(試験はありません)。

費用

資格試験

受験料37,800円(税・教材込)

合格後、終活士認定会員月会費1,000円(税込)、5年毎更新料8,000円(税別)が必要です。

養成スクール・web配信講座受講

受講料:96,400円(税・初年度年会費込)

登録年会費10,000円(税込・次年度以降)が必要です。

合格基準

非公表、但し試験時テキスト持ち込み可能。

標準学習時間

1週間

終活診断士

概要

シニアが抱えている不安を、マネー・ルール・カラダ・ココロ・ケア・クヨウ、6つのカテゴリーの知識と経験を持って原因を解明し、適切なアドバイスを行う仕事です

実施団体

一般社団法人 日本クオリティオブライフ協会

実施状況

日本クオリティオブライフ協会指定会場にて、上記6つのカテゴリーの講座を6時間受講後、認定試験(30分)。

費用

受講・受験・教材料35,000円(税別)

合格基準

75%以上得点

標準学習時間

1日

終活診断士の詳細はこちらをご覧ください。

終活診断士とは?講座内容・活かせる仕事・収入モデル

終活サポーター1

(後の資格と名称が同じのため、便宜上番号を付けました。)

概要

終活に関する相談を受け、専門家へのコーディネートができるスキルを必要とします。

実施団体

一般社団法人 ライフクローバー

実施状況

ライフクローバー指定会場にて、資格講習を受講後、終活サポーター認定。

費用

受講料12,000円(税込)

合格基準

受講のみ

標準学習時間

半日

注※

終活サポーター認定から一定期間経過後、終活補学士 → 終活助学士 → 終活学士 → 終活技能士の順に、講座受講と資格試験を受験し、技能士研修においての講師としてのスキル・指導力や企画・運営力を身につけながら、昇級していく仕組みです。

詳細は上記ライフクローバーのサイト(リンク)をご参照ください。

終活サポーター2

概要

終活に必要な基礎知識を持って、まず自身が終活を行えるようになり、それから終活を行おうとする人に対してアドバイスしたり、エンディングノートの書き方を教えたりする専門知識、また相談者の悩みを解決できる専門家へ橋渡しできるスキルを身に付けていること。

実施団体

一般社団法人 終活サポーターズ協会

実施状況

終活サポーターズ協会主催の4.5~6時間の講座を受講し、受講後に筆記試験(30~45分)。

費用

初級

受講料・受験料18,000円(税別)

中級(初級合格者のみ)

受講料・受験料45,000円(税別)

合格基準

非公表

標準学習時間

1

終活関連資格の仕事内容

終活ライフケアプランナー・終活アドバイザー・終活カウンセラー・終活ガイド・終活士・終活診断士・終活サポーター1・2、終活関連では現在この8つの資格があることがわかりました。

念のためですが、いずれも民間資格(国家資格ではない)です。

上記各資格試験の合格率はいずれも90%以上と高いようです。

上級終活カウンセラー・終活カウンセラー上級インストラクター・終活サポーター2の合格率については不明であるものの、今回ご案内した8つの資格試験は選抜ではなく、終活の普及を目的としているため、その内にある上記3つについても合格率は高いと思われます。

また、各資格の概要(仕事内容)については、表現は違えどほぼ同じような内容ではないかと、個人的には感じました。

まとめ

終活関連の資格でどれを取得すればいいか迷った場合、個人的には「終活ガイド」がおすすめです

理由としては、上記のように、仕事についてはどの資格も似たような内容であると思ったため、それならば、学習時間が短く、費用も抑えられた「終活ガイド」が取りかかりやすいのではないか、という結論に達したからです。

びびあん
だから、わたしもいずれ終活ガイドを受験しようと思います!

受験したら、またレポート記事を更新します。

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください