家族葬の葬儀にかかる費用は?家族葬のメリットもあわせて紹介します

最近よく聞く言葉の1つに終活がありますよね。
特に近年の日本では医療技術が進み後期高齢者社会になっている中、終活、そしてそれに関わる葬儀は切っても切り離せない関係があります。
しかし一般的に葬儀にかかる費用についてはほとんどの方がすぐに答えることはできないでしょう。
そこで今回はその葬儀でも近年増えている家族葬について、費用やメリットなどをご紹介しましょう。

まず最初に家族葬の一般的な費用やその相場についてご説明します。
最初に家族葬の平均的な価格ですが、なんと都市部では100万を超える場合がほとんどという結果があります。
もちろんこの平均はあくまで平均値であり、県や家庭ごとには違います。
しかしその中でもアンケート等の結果で100万になったという事実、これは葬儀の事に関して考えたことのない人の場合は非常に大きい金額でしょう。

では実際に家族葬で100万円かかってしまうのか、となるとそういうわけではありません。
そもそもの葬儀プランにより、価格の設定は高価なものから安価なものまで様々な種類があります。
しかし安価と言ってもやはり数十万はする為、今後が不安な方は考慮しておく必要がありそうですね。

なぜこのような金額なのかと気になる方もいると思いますが、葬儀には様々なサービスが欠かせない為です。
例えば祭壇の費用や式場の利用費、そして棺と外せないものばかりです。
更に仏教の形式で葬儀をする場合にはお坊さんを呼ぶと思いますが、このことに関しても寺院への費用は必ず発生してきます。
この様な一般的な葬儀、これをする場合にはやはり少なくはないお金がかかってしまいます。

その為自分に合ったサービス等をしっかりと考慮して選ぶことが重要ですね。

では決して安くはないお金がかかる葬儀の中でも、家族葬をする際のメリットは何でしょうか。

まず最初に家族葬で一番大きいメリット、それは葬儀にかかる費用を抑えることができる点でしょう。
家族葬では家族や知人、親戚など少ない人数で葬儀を行うため様々な費用を抑えることが可能です。
例えば式場などを利用する際、小さいスペースや少ない時間の場合は当たり前ですが安く済むでしょう。

そしてもう1つの大きなメリット、それは葬儀の内容を自分の好みに変更できる点です。
例えば亡くなられた方が好きな趣味だったもの、その様なものを並べたりプランそのものを自分で選べたりなど費用や時間に拘りたい方には正にベストな選択でしょう。
費用に関しても、内容に関しても自分たちの思い通りなプランを選んで、悔いのない葬儀にしたいですね。