樹木希林さんの名言から学ぶ生き方のヒント

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は樹木希林さんの名言から学ぶ生き方のヒントというテーマでお話します。

樹木希林さんのインパクト

9月15日に亡くなられた樹木希林さんですが、「ものすごくインパクトのある人」というのが、樹木希林さんに対する私の第一印象であって、最大のイメージです。

樹木希林さんからいちばん初めに受けたインパクトは、富士フィルムのCMでした。

「お正月を写そう♪」というやつですね^^

フィルム現像の店頭で、岸本加世子さんと「富士フィルムなら、美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに・・・」といったやりとりをしているあのCM・・・あなたが私と同世代(アラフォー)以上でしたら、覚えておられるかもしれません。

あっ、CM動画見つけました!こちらの0:37~です↓

インパクトがあるから、いつまでも記憶に残るんですね。

観ている側が、「この女優さん、いいな」といったアンテナを張っていようがいまいがおかまいなしに、圧倒的な存在感で強烈なインパクトを与えてくれる、稀有な女優さんだと思います。

今回は、樹木希林さんが残した名言から、生きていく上でのヒントを自分なりにまとめ、ご案内いたします。

樹木希林さんの言葉 病に対して

今まで色々な物が見え過ぎた、片目でちょうどいい。

網膜はく離で左目を失明したときに、それまで治療を受けなかった理由をこう述べられました。

ヒント:過去の忘れたい出来事、人の嫌な部分など、実際見なくていいものもたくさんあるのではないでしょうか。

この年になると、がんだけじゃなくていろんな病気にかかりますし、不自由になります。でもね、それでいいの。こうやって人間は自分の不自由さに仕えて成熟していくんです。その不自由さを何とかしようとするんじゃなくて、不自由なまま、おもしろがっていく。それが大事なんじゃないかと思うんです。

2013年、全身がんを公表した後のコメントです。

ヒント:病に抗うことなく、それすらも享受して自らの成長の糧にしていく、精神力の強さを養いたいものです

がんはありがたい病気。周囲の相手が自分と真剣に向き合ってくれますから。ひょっとしたら、この人は来年はいないかもしれないと思ったら、その人との時間は大事でしょう?そういう意味で、がんは面白いのよ。

2013年、全身がんを公表した後のコメントです。

ヒント:自身の病ではなく、周囲の反応に焦点を当てています。ひとつ上のコメントの「おもしろがる」とはこういうことでもあるのでしょうね。

樹木希林さんの言葉 夫・内田裕也氏に対して

夫はありがたい存在です。ありがたいというのは「有難い」、難が有ると書きます。人がなぜ生まれたかと言えば、いろんな難を受けながら成熟していくためじゃないでしょうか。

「なんで夫(である内田裕也氏)と別れないの」とよく聞かれたそうです。

ヒント:夫が「有難い」存在であるように、自分も夫にとって「有難い」存在なのかもしれません。お互い違う人なのだから、価値観や見ているところは違って当たり前、違いを認めることから始めましょう

そういう次元ではない。そこにいたる愚かさとか、悲しさという視点で見ている。

夫である内田裕也氏が、交際中だった女性に脅迫文を送り逮捕された際、被害女性への嫉妬はあるか、と聞かれたときの返答です。

ヒント:夫の交際相手を責めるのではなく、出来事の裏にある夫の心情を理解しようとする姿勢が大事なのかもしれません。

樹木希林さんの言葉 人生に対して

自分にとって具体的に不本意なことをしてくる存在を師として先生として受けとめる。受けとめ方を変えることで、すばらしいものに見えてくるんじゃないでしょうか。

「不登校新聞」の記事でのコメントです。

ヒント:相手を嫌な人だと決めつけるのではなく、自分の見方を変えてみましょう

それはその人から見て、美しければ美しく、醜ければ醜いし。だってあんなに顔を引っ張ってしわを伸ばしたって、その人は「美しい」と思ってやっているけど、「変なの」って思う人もいるし。すべてそうじゃないですか。

美しさ・醜さについてのコメントです。

ヒント:何を見て人を判断するのかを考えさせられます。そして、他人の意見に惑わされず、自分を信じることが大事なのだと。

樹木希林さん 最期の名言

びびあん
カメラの向こうの知らない人たちに、こんな素敵なメッセージを送れるなんて、樹木希林さんの懐の深さに恐れ入りました・・・

まとめ

「見事な女性でした – 。」

樹木希林さんへ夫・内田裕也氏が残したお別れのこの言葉が、ずっと忘れられません。

女の優(すぐ)ると書いて女優。

樹木希林さんのような方こそ「女優」を名乗るのに相応しいのではないでしょうか。

数々の名言から、面白く生きていくためのヒントを与えてくださいました。

名言というのは、その人が培ってきたものの表れでもありますよね。

びびあん
とりあえず内面磨かなあかんな(ぼそっ・・・)

と思ったのでした。

樹木希林さんの享年75歳まで、あと30余年あるわたし、日々精進していきます!

最後に、樹木希林さんのご冥福をお祈り申し上げます。

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

人はなぜ神社仏閣に惹かれるのかを考えてみた

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は、神社仏閣にまつわる話とその魅力をご案内します。

神社仏閣との相性

このブログで葬儀場や墓地についてお話させていただいているうちに、お寺や神社(神道の教えから、原則神社で葬儀は行いませんが)に興味を持つようになりました。

葬儀場や墓地の記事は、下記リンクをご覧ください。

葬儀場の種類とそのメリット・デメリット – 葬儀はどこで行うか

結局気になる!一般墓の種類・形状・入手手順

それから、元衆議院議員の宮崎謙介さんが、お寺と神社を舞台に、子供たち向けに「寺子屋LABO」というロボットプログラミングの教室を展開されていたり(下記リンクをご覧ください)、タレントの篠原ともえさんが日本各地のお寺を巡り、御朱印*集めをしていたりと、わたしと同年代(アラフォー)で、神社仏閣好きな方は相当数いらっしゃることを知りました。

寺子屋LABOとは

*御朱印 → お寺や神社で、参拝者向けに押印される印章

今回は、そんな神社仏閣にまつわる話や参拝方法をお話し、その魅力を探っていきます

神社仏閣と寺社仏閣

神社仏閣の神社はご存知のとおりですが、仏閣はお寺の別な呼び方です。

つまり、神社仏閣とは神社とお寺を表す言葉です。

対して、寺社仏閣の寺社というのはお寺と神社の総称です

ですので、寺社仏閣と言うとお寺が重複することになり、厳密には正しい呼び方でないようです。

初詣は神社仏閣、どちらへ行くんだっけ?

・・・ふと、こんな疑問が頭をよぎりました。

神様をお参りするのだから神社じゃないかと、漠然と思ったりもしましたが、実際は神社とお寺のどちらをお参りしてもかまわないようです。

日本では、明治時代に神社とお寺が区別されるようになるまで、「神仏習合」といって神と仏は区別なく、信仰の対象であるとされていました。

ですので、信仰上の理由がない限り、神社とお寺のどちらへ初詣に行っても大丈夫なのです。

ただ、神社とお寺では、お参りの仕方が下記(特に朱文字)のように異なります。

神社でのお参り

お賽銭を両手でそっと賽銭箱に入れる。

鈴を(ある場合)鳴らす。

本殿に向かい、二回おじぎをし、二回手を打つ。

手を合わせたまま、神様にごあいさつをする。

最期に一礼する。

お寺でのお参り

本堂・本尊の前で一礼し、お賽銭を入れる。

鳴らし物(あれば)を一回打つ

合掌し、仏様にごあいさつをする。

一礼して終わり。

また、七五三のお参りをするのも、神社・お寺のどちらでもかまいませんし、お参りの仕方もそれぞれ上記に同じです。

仏閣巡りのお遍路

四国88ヶ所のお寺を巡るお遍路のことも取り上げておきたいと思います。

四国の巡礼だけがお遍路と呼ばれるのはなぜか?

「今昔物語集」[推定1140年前後(平安時代)編集]で描かれた四国の修行者の様子が、お遍路の原型といわれています。

そして、この修行が行われていた海岸沿いの地域を「辺地(へち)」と呼んでいます。

後に、「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」(1169年・後白河法皇編集)でも、室戸岬(高知県)を金剛浄土*の入口とし、海岸沿いを修行する人々が描かれていて、こちらでは海岸沿いの地域が「辺路(へじ)」と呼ばれています。

*金剛浄土 → 仏様が住む最強の国の意

この「辺地」「辺路」がいくつかの段階を経て、「遍路(へんろ)」になったようです。

何のためにお遍路をするのか?

その目的は、健康祈願・パワースポット巡り・縁結び・自分探しなど、人それぞれです

びびあん
犯罪者が贖罪のために巡礼するイメージが私にはありました・・・

巡礼者が持つ笠には「同行二人」と書かれていますが、この「二人」は、自分と弘法大師様を指します。

お遍路はつまり、弘法大師様と二人で歩く巡礼の道、というわけですね。

神社仏閣巡り

びびあん
関西人にはなじみ深い「えべっさん(戎様)」です^^

まとめ

こうして見ると、神社仏閣をお参りする理由や目的は、本当に様々ですね。

数年前に、高野山金剛峯寺をなんとなく訪れたことがあります。

もともと神社仏閣が特に好き、というわけでもありませんでした^^;

ただ、境内を歩いているときに、自然と一体化した荘厳なお寺の建物に目を奪われ、澄み切った空気を肌で感じ、静けさが極まった故の音を聴き、樹皮の匂いを嗅ぎ、そこで飲んだ水は、いつもの水より格段に美味しかったのです。

日常生活で、こうして五感が同時にフル稼働することは、あまりないのではないでしょうか。

神社仏閣をお参りする理由は様々ですが、この五感がフル稼働する感覚を人は本能的に求めていて、その本能が神社仏閣に引き寄せられているのかもしれないと思いました。

つまり、神社仏閣の魅力は、本能で心地よいと感じ、安らげる点にあるのでは、というのが個人的な考えです。

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

相続 – 相続税計算・相続登記・相続放棄

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は相続のための財産整理と相続手続きについてご案内いたします。

相続放棄!?

楽天インサイトの「終活に関する調査」で「終活でしておきたいこと」を聞いたところ、全体の約6割の人が「財産整理」と答えたそうです。

財産整理とは、自分の財産としてどんなものを所有しているかを確認・記録しておくことで、自分の死後、相続の発生したときのために必要なのです。

また財産整理は、遺言書作成や生前贈与を行う際に役に立つ上、必要に応じ財産を処分することもできます。

更に財産整理をすれば、清算の必要な借入金が見えてきますし、借入金の清算しきれない場合も、ご家族に事前に知らせることで、ご家族が相続放棄の準備をしやすくなるでしょう。

このブログでも、エンディングノートに書くことや終活でやることとして、財産整理には軽く触れてきましたが、今回は相続財産の種類、ご遺族が行う相続の手続きについてお話したいと思います。

エンディングノート及び終活でやることの記事は下記をご覧ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

終活でやること! まとめ

相続財産の種類

資産(プラスの財産)

不動産

土地

宅地・農地・牧場など

建物

家屋・駐車場・店舗など

権利

(定期)借地権・地上権など

金融

現金・小切手・貸付金・預貯金(普通/定期預金)・有価証券(株式・国債など)

動産

家庭用財産

車・家具・貴金属・宝石など

事業用財産

機械装備・器具・自動車など

その他

ゴルフ会員権・著作権・特許権など

負債(マイナスの財産)

借金

借入金・買掛金・振出小切手・手形債務など

公租公課

未払いの所得税・住民税・固定資産税など

保証債務

保証金・預かり敷金など

その他

未払いの費用・利息・医療費

びびあん
以上の財産をまずはエンディングノートに書き出してみましょう。

みなし相続財産

被相続人の死亡により発生した財産で、相続財産と「みなす」(同等の価値がある)ものを指し、相続税課税対象となります。

生命保険

死亡退職金

非課税限度額:500万×法定相続人数

弔慰金(功労金)

非課税限度額:最終給与の6ヶ月分まで

被相続人の死亡日から3年以内に贈与された財産

相続財産ではない(相続税非課税)もの

祭祀財産

墓地・仏壇・香典など

権利

財産分与請求権・扶養請求権・生活保護受給権

保証債務

身元保証債務

相続税の申告が必要な人とは・・・

相続税の申告が必要か、下記手順でみてみましょう。

相続税評価額を算出

各相続財産の評価額を合算して、相続税評価額を算出します。

土地 → 死亡年の路線価などを基準に評価する

建物 → 固定資産税評価額

預貯金 → 預入残高+既経過利子額

有価証券 → 死亡時時価

死亡保険金 → 非課税分(500万円×法定相続人数)を差し引くことができる

債務・葬式費用を差し引き、課税財産額を算出

葬式費用 → 戒名料・お布施も含まれる

基礎控除額3000万+(600万×法定相続人数)を差し引く

差し引いて、課税財産額がプラスであれば、相続税の申告が必要になります。

ただし、相続税を申告した上で、一部特例の適用により、納税しなくて良い場合もあります。

相続登記など手続きと期限

相続手続きは、弁護士さんなど専門家に依頼することもできますし、ご自身で手配してもかまいません。

こちらには相続手続きの流れを記載しますので、どのように手配するかを検討する参考になさってください。

期限は、被相続人の死亡後の日月年数です。

7日以内

死亡届・死亡診断書の提出

役所で受理後、葬式を行うのに必要な「死体埋火葬許可証」が発行されます。

3ヶ月以内

遺言書有無の確認、有れば検認

被相続人居住地の家庭裁判所へ検認申し立てが必要です。

金融機関へ取引停止の連絡

生命・健康保険、遺族年金受け取りの手続き

遺言書が無ければ遺産分割協議

相続人・相続財産調査

相続人の確定後、遺産分割協議を開始します。

限定承認・相続放棄

限定承認 → 遺産から債権者などへ必要な支払をして、残金がある場合のみ相続できる手続き

相続放棄 → プラス・マイナス財産一切の相続を放棄する手続き

4ヶ月以内

所得税の準確定申告

被相続人が事業主であった場合 or 2000万円以上の給与所得者であった場合

医療費の控除を受けたい場合

などに、相続人が被相続人に代わって確定申告を行うことです。

10ヶ月以内

遺産分割協議書作成

遺産分割協議書の書式サンプルは、下記リンクよりご覧ください。

相続登記相談室. http://www.souzoku-touki.net/inheritance_007.html, (参照2018-10-19)

各相続手続き

株式・不動産名義変更、預貯金・投資信託の払い戻しといった手続きです。

各金融機関へ遺産分割協議書を提出し、自分が該当の相続人である証明ができれば、払い戻しを受けられます。

相続税申告・納付

一年以内

遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)

遺言書が一部の遺族にとって過度に不利な内容である場合、当該遺族が多くの財産を相続した別遺族に対し、遺留分を請求することです。

遺留分 → 各相続人の利益を守るため、保障された一定の相続財産の取り分

まとめ

普段聞きなれない言葉がたくさん出てきましたが、まずは相続財産にはどういうものがあって、相続手続きはどういう流れで進めるのかを、大まかにでも理解しておきましょう。

実際には、相続財産はそれぞれ異なりますし、相続手続きもそれぞれ手順が順不同であったり、今回お話したことの他に必要となる手順が出てきたりするものです。

ただ、相続財産や相続手続きについて、事前にある程度理解しておくと、実際の場面で自分がどの段階にいて、次に何をすれば良いのかがイメージしやすく、スムーズに相続財産を確認したり、相続手続きを行うことができるでしょう。

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

いかにして親に終活をすすめるか

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は親に終活をすすめる方法についてご案内いたします。

親に終活をすすめる理由

自分の親が、エンディングノートに連絡先・財産・葬式のことなどを書いておいてくれたら、物を整理しておいてくれたら、自分はどれほど気が楽でしょうか。

エンディングノートに書いてあることでは判断に困りませんし、遺品整理の手間も大幅に軽減できるわけですから。

でも、実際親に終活をすすめると、「早く死んでほしいのか!?」なんて、いらぬ誤解を生み、けんかの種にもなりかねません。

そこで今回は、親を怒らせないよう、自然な流れで終活をすすめることのできる方法をお話したいと思います。

親に終活で何をしてもらいたいか

親に終活をすすめる前に、自分は親にどんなことを終活でしてほしいのかを整理しましょう。

生前整理

連絡先や終末期医療・相続・葬儀・お墓の希望をエンディングノート*に書いてもらう(自分としては、少なくともそれらを聞いておく)

といったところでしょうか。

*エンディングノートについては、下記記事をご覧ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

終活でしてもらいたいことが上記の全てであれば、何を優先するかをまずは決めておきましょう。

親に終活で何をしてもらいたいかによって、終活をすすめる方法も変わってくると思います。

ここから、終活のすすめ方を状況別に順を追ってお話します。

親に終活を意識してもらう

親に終活を意識してもらうために、次のことをしてみましょう。

生活がより良くなる提案をする

状況:生前整理をしてほしい場合

物が多くなっているのは、なにか理由があってのことかもしれません。

そこをいきなり「片づけて!」と言ってしまうと、親の気分を害することにもなりかねません。

そこで、「最近地震が多いから、部屋にある物が倒れてきたら危ないんじゃない?」とか、「この荷物を片付けたら、スペースができて気分が変わるんじゃない?」などと言って、より過ごしやすくするための提案として、物の整理を促すのです。

体調を気遣う

状況:医療に対しての希望を聞いておきたい場合

親の年代であれば、健康に対して何かしらの心配があるものです。

自分から話し出すことはなくとも、私たち子供の側から尋ねれば、話してくれる可能性も高くなります

「最近体調はいい?」と気遣うように話しかけ、「万一のときのために」と、今症状のある部位・掛かっている医療機関・保険証の置き場所などについて確認しておきます。

状況:連絡先リストをつくってほしい場合

上の続きで、「万一のときのために」必要な親族の緊急連絡先を、電話帳などに明記しておいてもらうと良いでしょう。

自分はこうしたいとつぶやいてみる

状況:葬儀・お墓・介護の希望を聞き出したい場合

不自然にならないタイミング(下述)で、「私なら、家族葬でアットホームな葬式をしてほしいけど」とか、「永代供養が最近は多くて、私もできればそうしてほしいかな」などと、「自分はこうしたい」と先に切り出してみましょう

そうすれば、親も自然と「私なら・・・」と葬儀・お墓の希望を話しやすくなるはずです。

介護を含む終末期医療のデリケートな話題では、「私ならどうしたいかな、こういうことにはちょっと答えにくいよね」と、自分の率直な気持ちを述べてみても良いと思います。

いずれにしても、自分から話を切り出すことで、親も希望や心情を話しやすくなるでしょう。

親に終活を切り出すタイミング

テレビで終活が取り上げられていたとき

芸能人や親子とも客観的に受け止められる人が亡くなったとき

お盆など親族が集合したとき

こうしたタイミングで、上述のようにさりげなく自分の希望をつぶやいてみたり、調子を尋ねてみたり、暮らしやすくなる提案をしてみたりすると、親と終活の話がしやすくなると思います。

親が終活に関心を持ち始めたら

親が終活を意識し、関心を持ち始めたら、エンディングノートをプレゼントとして渡したり、生前整理を一緒にしてみましょう

親が自発的に行動できるようなきっかけをつくるのです。

親に終活をすすめる方法

親に終活をすすめる方法は下記のとおりです。

親に終活で何をしてもらいたいかを考える。

親に終活を意識してもらえるように、テレビで終活の話題が持ちあがったときなどタイミングを見計らって、提案・気遣い・つぶやきといった形で終活の話を切り出す。

親が終活に関心を持ち始めたら、エンディングノートを渡すなど、親の自発的な行動を促す

まとめ

できるなら自分でもエンディングノートを書いてみたり、断捨離をしてみると、終活する人の気持ちが理解できますし、やり方のコツがわかってくるので、話もしやすくなると思います。

親に終活をすすめるポイントは、子供から「すすめられた」と感じさせないことです。

親が自発的に終活を始められるように、タイミング・終活話の切り出し方・意識づけに工夫して、親が行動を起こすきっかけをつくりましょう。

それは大変なことでしょうか?

いいえ、荷物に溢れた部屋で、何の意思も希望も知らされないまま、親が亡くなった後の苦労に比べたら、終活をすすめるくらいたやすいことですよ!

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

終活でやること! まとめ

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は終活でやることをまとめてみました

終活って結局何をすればいいの?

このブログでは、終活をテーマに葬儀やお墓など様々なネタを取り上げてきましたが、「・・・で、終活って結局何をすればいいの?」とお思いの場合もあるのではないでしょうか。

終活でやることは、その人の年代や置かれている環境によって違うと、個人的には思います。

それでも「何から始めるのか、どうすればいいのかわからない」と、終活に対してなかなか重い腰の上がらないあなたへ、「こういうことをしてみましょう」という提案を兼ねた、終活でやることのまとめを今回はご案内いたします。

終活でエンディングノートを書きましょう

銀行口座や保険情報、自分に何かあったときの連絡先などをエンディングノートに書いておくことで、残されたご家族の負担が軽減されるでしょう。

エンディングノートについての詳細は、下記記事をご覧ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

更に、下記のことはエンディングノートでは外せない項目になってくるはずです。

ですが、下記項目は、意思がある程度固まらないうちは、上手く書き出せないことでもあります。

書き出せない場合は、まず考えて、家族と話し合い、意思を固めることから始めてみてください

自分の最期に希望することは何か

病名告知・介護・延命治療に対する自分の意思を書いておくことで、たとえ身体的に自分の意思を伝えるのが不自由な状態になったとしても、家族が医療機関に対し、適切に対処できるでしょう。

終末期医療については、下記記事の「終活でしておくべきこと」をご参照ください。

山本KIDさんのニュースから考える終活の必要性

また、介護においては、高齢者ホームに入所する選択肢もありますし、部分的にヘルパーさんに依頼したり、デイサービスを利用する方法もあります。

自分が要介護になったときは、恐らく自分の介護に対する意思を満足に伝達できる状態にはないと思いますので、考えるのが辛いことではありますが、元気なうちにエンディングノートに意思表示しておくことで、自分と家族の気持ちが楽になるでしょう。

高齢者ホームについては、下記記事をご参照ください。

多種多様です!知っておきたい高齢者ホームの種類・サービス・特徴

話が少しそれますが、ご家庭で介護する場合にも、看る側があまり疲れてしまわないようなポイントを押さえた本「看る力(阿川佐和子・大塚宣夫両氏共著)」が出版されていますので、介護に対して不安を感じたときには読んでみてください。

「看る力」を読んで「看られる覚悟」も必要だと気づいた件

自分の葬儀をどのようにしたいか

自宅で身内だけで行いたいのか、セレモニーホールの一室を借りて、知人や仕事関係の人を幅広く呼びたいのか、葬儀をどこでどのような形で執り行いたいかの希望をエンディングノートに書いておくことで、ご家族が葬儀をスムーズに手配できるでしょう。

葬儀の流れ・種類形式、家族葬については、下記記事をご参照ください。

葬儀の準備・流れ・形式 – 葬儀は何をどのように手配するのか

時代の産物、家族葬とは?家族葬に合うケース、メリット・デメリット

葬儀場については、下記記事をご覧ください。

葬儀場の種類とそのメリット・デメリット – 葬儀はどこで行うか

また、近年では生前葬といって、自分が元気なうちにお世話になった方々へ感謝を伝える葬儀形式もあります。

生前葬ですと、自分の希望どおりに手配がしやすいメリットがあります。

生前葬の詳細については、下記記事をご覧ください。

生前葬って何をするの?メリットとデメリットにお答えします

自分のお墓はどうなっているのか

自分のお墓をどうしたいかの希望を書くことができれば、それがいちばん良いのですが、「自分の入るお墓があるのかもわからない」という方もいらっしゃると思います。

そこでまずは、自分の(既婚女性であれば夫の)家に先祖代々のお墓があるのかを確認しましょう。

自分の家のお墓があれば、そのお墓の現継承者は誰なのかを確認します。

お墓に入るのには、継承者(及び墓地管理者)の承認が必要であるためで、自分とより近い間柄であれば、お墓に入ることを認めてもらいやすいからです。

自分の家にお墓がなければ、新たにお墓を立てるのか、永代供養を依頼するのかを考えましょう。

永代供養についてはこちらを

→→ 近年増えている永代供養とは?永代供養墓の種類・従来のお墓との違いなど

一般墓(従来のお墓)についてはこちらを

→→ 結局気になる!一般墓の種類・形状・入手手順

永代供養と一般墓の比較はこちらを

→→ 向いているのはこんな人。一般墓と永代供養墓を比較してみました

ご参照くださいませ。

また、お墓を持たずに樹木葬、海洋散骨といった自然葬を行う選択肢もあります。


色々と検討されてみて、ご自身とご家族に合うお墓或いは葬送形式を選び、エンディングノートに書いておきましょう

検討の際は下記記事をご参照ください。

「いいお墓」はおすすめ!口コミ・キャンペーン・まとめ

終活で断捨離しましょう

生前整理としての断捨離という気持ちで行いますが、家中の整理をする!・・・と思うと、目標が大きすぎて、それだけで気負いしてしまうんじゃないでしょうか。

そこで、毎日ダンボールひと箱分ずつ、要るものと要らないものに分けるとか、一週間でキッチン周りを片付けるとか、小さな目標をいくつもつくり、ひとつずつゲームのようにクリアしていくと、結果的に家中の整理をするという大きな目標も達成しやすくなるはずです。

断捨離のやり方については、下記記事もご参照ください。

生前整理での断捨離 手順・ポイントなど

終活でやること まとめ

終活でこれだけはやっておきましょう、ということです。

エンディングノートを書く

書く内容

銀行口座・保険情報・年金番号・資産情報・連絡先リスト・デジタルデータ
終末期医療・葬儀・お墓に対する希望

断捨離をする

まとめ

終活でやること まとめ、いかがでしたでしょうか。

「終活で何をしていいかわからない」という場合は、この記事を参考に、エンディングノートを書き始めたり、断捨離をしたりと、まずは動いてみてください。

考えること・身体を動かすことによって、新たな思考・感情が生まれて、次の行動につながっていくと思います^^

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

家族葬とは?家族葬の流れ・費用・香典

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は家族葬についてご案内いたします。

家族葬について

高齢化・核家族化が進む社会で、交際範囲が限られてきたり、ご近所づきあいが昔ほど密でなくなった近年、総じて厳しい経済状況も手伝って、家族葬は増加するとともに認知されてきた葬儀形式と言えます。

今回は、そんな家族葬の流れ、メリット・デメリット、家族葬に合っているケースなどをお話したいと思います

家族葬とは

家族・親族・親しい人のみで執り行う葬儀のこと。

葬儀に呼ぶ人の範囲に制限はないので、誰を呼んで、誰を呼ばないかは事前にはっきりと決めておきましょう

家族葬の一般葬・密葬との違い

一般葬に対して、家族葬は葬儀に呼ぶ人の範囲と人数が異なります。

通常、一般葬の参列者数が50名以上なのに対し、家族葬の参列者数は30名程度です。

家族葬は、親族のみで執り行う点では密葬と同じですが、通夜・葬儀・告別式の後、日を改めて一般の参列者を呼ぶ本葬と合わせて執り行う葬儀形式が密葬であり、本葬を行う点で家族葬と異なります。

家族葬が合っているケース

故人が長生きされた場合

ご高齢になると、行動・交際範囲が限られてくる方が多いため、葬儀後に「呼ばれなかった」人とトラブルになる可能性も低くなります。

故人が会社員だった場合

ご自身で商売をしていないという意味で、交際範囲が広くない方であれば、上に同じです。

逆に、交際範囲の広い方は、葬儀に呼ぶ人も自ずと多くなるでしょうから、家族葬には向かないということです。

家族葬の流れ

一般葬と同じです。

臨終 →  ご遺体安置 → 納棺 → 通夜 → 葬儀・告別式 → 出棺 → 火葬

詳細は下記記事「葬儀の流れ」をご参照ください。

葬儀の準備・流れ・形式 – 葬儀は何をどのように手配するのか

家族葬の会場

葬儀社さんとの相談ベースにはなりますが、家族葬は下記のような場所で行います。

自宅 ご近所さんに対して事前の通知と配慮が必要です。

公営斎場 自治会館・公民館など

民営斎場 セレモニーホール・葬祭会館など

宗教施設 寺院・教会など

葬儀場の詳細は下記記事をご参照ください。

葬儀場の種類とそのメリット・デメリット – 葬儀はどこで行うか

家族葬の費用・メリット

葬儀の内容を自由に決められる

家族葬は、近しい関係の人たちのみで執り行うため、内容に希望を取り入れやすいです

話が少しそれますが、上述の密葬の逆順序バージョンで、生前葬で呼びたい人を呼んで、死後は家族葬で、という選択肢もあります。

葬儀の準備に時間がかからない

一般葬では会場・食事・香典返しなどを手配する必要がありますが、家族葬は人数が一般葬より少ないため、その分手間が省けます。

ただ、事前に辞退していたとしても、葬儀当日や葬儀後に香典や弔問を受ける場合もありますので、香典返しや受け入れの心づもりはしておきましょう

費用が一般葬より安い

一般葬の費用(全国平均)が約90万円なのに対し、家族葬の費用(同前)は約58万円と、葬儀内容にもよりますが、主に少人数である分、費用を抑えることができます。

ただ、お香典も呼んだ少人数分を受け取るのみとなりますので、お香典で葬儀費用全てをカバーしようと考えないほうが良いですし、お香典が少ないことにより、葬儀に支払う金額が一般葬を上回ることもあります。

家族葬 デメリット

葬儀に呼ばない人たちに対して配慮が必要

親族・自宅葬儀の場合は近所の人など、訃報連絡が必要と思われる人

訃報(文書)連絡の際、家族葬であることに伴い、参列・供花・香典・弔電辞退の旨を伝えましょう。

知人・会社関係者など

葬儀後に訃報と家族葬を終えた経緯、弔問辞退の旨を書いたご挨拶状を出しましょう。

家族葬に理解を示さない親族に対して事前の説明が必要

「お世話になった近所の人や会社の人を葬儀に呼ばないのは不義理だ」という考えの親族がいるかもしれません。

故人や家族の意思であること、家族葬にする理由などを事前にきちんと説明し、理解を得ておきましょう。

家族葬の香典

訃報を知らせる際、葬儀に呼ばない方々には香典を辞退するのが一般的ですが、相手の間柄によっては下のように迷ってしまうこともあるようです。

びびあん
リンク先の返答にあるように、相手の間柄にかかわらず、葬儀に呼んでいない人からお香典だけいただくのはおかしな話ですね。

まとめ

記事の中で、家族葬と密葬の違いを挙げましたが、密葬は芸能人の方-最近ですと樹木希林さん、他に阿藤快さん、市川團十郎さん-が執り行うことが、比較的多いようです。

一般人よりは交際範囲の広い、また経済的に余裕のあると思われる芸能人の方々も、最期に望むのは家族葬に近いシンプルな葬儀なのかもしれません。

ご自身やご両親に家族葬が合っていそうであれば、まずはご家族で合意できるか、話し合ってみてくださいね。


記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

「看る力」を読んで「看られる覚悟」も必要だと気づいた件

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は、阿川佐和子さんと大塚宣夫氏の共著「看る力」の内容から、介護する側・される側それぞれの視点で、どのように終末期の生活と介護に向き合っていけば良いのか、をお話します。

看る力 アガワ流介護入門 (文春新書)

新品価格
¥842から
(2019/1/22 19:54時点)

看る力 レビュー

阿川佐和子さんの著書「聞く力」「叱られる力」を以前読んだことがあります。

いずれも軽いテンポで読みやすい一方で、訴えかけてくる内容のある本でした。

聞く力 心をひらく35のヒント (文春新書)

叱られる力 聞く力2

6月に出版された「看る力」も、特にこのブログに関係する介護の内容でしたので、ずっと読もうと思っていたのです。

今回は「看る力」を読んで、介護や終末期に向き合うご本人とご家族の姿勢において、自分なりになるほどと思った点を取り上げ、それらに対しての提案や対処法を交えてお話したいと思います

記事中引用により、「看る力」の一部ネタバレとなってしまいますので、内容を先にここで知りたくない場合は、本を読んだ後でこの記事をお読みいただければ幸いです。

目次「看る力」より

不思議なことに、たとえ飲み込みに障害がある人でも、好きなものなら喉を通るんですよ。

出典:阿川佐和子・大塚宣夫、「看る力 アガワ流介護入門」、文藝春秋、2018年、kindle版 位置57

阿川佐和子さんのお父様(小説家の阿川弘之氏)が終末期に入院されていた病院で、モットーとしていたことは「医療より介護、介護より生活」つまり、極力入院前と同じ生活ができるように環境を整えることだそうです。

その上で、朝になれば起こして着替えをして、更にお洒落をするといった「生活にハリをつくる」ことで、気持ちが前向きになり、元気になる方は少なくないと言います。

びびあん
医療の優先される通常とは逆の発想が、患者さんが元気になる秘訣だったんですね。

まわりから見たら理屈に合わない発言や行動でも、本人にとっては、残った記憶と情報をもとに行動しているわけだから、整合性はあるわけですね。

引用:前掲書、位置245

認知症は、言い換えると記憶障害があるために、新しく入ってきた情報を処理できなくなっている状態だそうです。

認知症のご本人としては、上記のとおり少ない記憶を頼りに、自分なりに判断し、行動しているのだから、情報をうまく処理できなくても、否定したりバカにしたりしないことが大切だといいます。

びびあん
元の状態に戻そう・正そうとするのではなく、同意・肯定で返すようにしましょう。

できるだけたくさんの人を巻き込み、関わるみんながときどき休める仕組みをつくること。

引用:前掲書、位置309

介護は、まずそれなりの人手がなければ続けられないと知ることだそうです。

周りに迷惑をかけないよう、自分一人で無理をして頑張ろうとする人が多いですが、介護する側こそ良い精神状態を保てるように、休み休みやることが、介護を続けるための基本だといいます。

びびあん
デイサービスやヘルパーさんも活用して、一人で全力投球しないようにしてください!

認知症の方は、言われたことは記憶できないけれど、相手が自分に対してどんな感情を持っていたか、怒りなのかイライラなのか愛なのか、そういうことだけは、きちんと記憶に残るんです。

引用:前掲書、位置419

イライラして接すると、「この人は自分を良く思っていない」という感情だけが残るので、それが続くと、その人に対する恐れや不信感ばかりが募ることになるそうです。

そこで、介護する側の気持ちをいつも一定に保っておかないと、ご本人に伝わってしまうといいます。

びびあん
上の話とも関係しますが、だからこそ介護する側が疲れて(イライラして)しまわないように、ということですね。

一人、あるいは高齢者同士の暮らしは、少々体調が悪くても自分で動かなければいけなくて、緊張感があります。一見過酷に思えますが、老化防止や認知症の進行を防ぐ特効薬でもあるんですよ。

引用:前掲書、位置526

周囲が全てを介助したり、高齢者ホームなどの施設に入ると、生活全般が人任せとなり、結果気力も体力も落ち、認知症が進行することもあるようです。

かなり進行した認知症の方も一人暮らしは可能で、その人なりの能力をフルに使って生活できるといいます。

びびあん
身内だとつい心配になりますが、本人が困っていなければ、手伝い過ぎるのも考えものなんですね。

ヨーロッパの場合は、親と子の関係がもっとドライなんですよ。成人したら親は親、子は子で暮らすから、次世代との同居率が極めて低い。だからナーシングホームといわれる施設に入るのは普通のことです。

引用:前掲書、位置601

自分のことは自分で責任を持って決断する気持ちが、日本より強いと言えるヨーロッパの社会では、ナーシングホーム(高齢者ホーム)に入ることは子供に見放されることでも、孤独になることでもないようです。

子供もそれを親不孝であるとか、罪の意識を感じることはないといいます。

びびあん
日本も近年ではヨーロッパと同じ傾向にあるようですね。

役に立つこと、期待される役割があること。やはり、人間の生きる意欲の源はそこにあるといってもいいかもしれません。

引用:前掲書、位置707

自分がいなければ成り立たないという状況に置かれると、その人の持つ能力が最大化・活性化されるそうです。

規模の大小・内容の如何にかかわらず、自分が役に立っていると感じられる場を、周囲がつくれたら良いといいます。

びびあん
確かにこれは、認知症であるかどうかにかかわらず、多くの人に共通して言えることかもしれませんね。

目次「看られる覚悟」より

七十五歳を過ぎたら、体の言うこと聞いて楽させたらもう終わり。体が何と言おうと、気力に体力を引っ張らせることこそが大切ですよ。

引用:前掲書、位置1373

百五歳で亡くなった聖路加国際病院の日野原先生は、取材や講演の依頼をほぼ全て引き受けておられたそうで、毎日時間になれば会場へ向かわなければならないと、だからこそ気を張っていられたそうです。

若者は頑張りすぎると過労死の恐れがありますが、高齢者の場合はどれだけ気合いを入れても、途中で体がついて来なくなるので、過労死には至らないし、万一ぽっくり亡くなったとしても、それは多くの高齢者が望む形では、といいます。

びびあん
いつまでも、生活にハリを持たせることが大事なんですね。

子どもたちには「自分のことはすべて自分でするから、その代わり財産はアテにするな」と宣言してほしいですね。国にも次世代にも面倒を見てもらわないという前提で人生設計をすれば、いろいろな問題がしっかり見えてきて、解決への道もひらけます。

引用:前掲書、位置1563

計画的に貯金していれば、老後の介護を依頼できたり、施設に入れたりします。

一千万は貯金して、子孫に残すことより、老後の自分のために使うことで、家族の負担を減らし、自分の人生を全うするべきと言います。

びびあん
こうしたやり方を代々継いでいけば、ヨーロッパのように皆が自立した社会になるかもしれませんね。

不治の病気や寝たきりなどで動けなくなったときに転がり込む先を、元気なうちに見定めておくべきです。

引用:前掲書、位置1720

終の住処(ついのすみか)を決めておけば、不安が解消され、前向きに生きられると言います。

ただ、そこへ移る時期はなるべく後回しにできるよう、できるところまで自力で頑張るのだそうです。

びびあん
家を探すのと同じくらい真剣に、終の住処も探しましょう。

まとめ

わたしの親せきは認知症(自治体認定は要介護1ですが、担当のケアマネジャーさん曰く、実際は要介護3程度なのでは、ということ)ですが、今夏高齢者ホームに入所するまで一人暮らしをしていました。

この親せきが一人暮らしをしていた頃は、我が家で同居させたほうがいいんじゃないかとか、週に何回かでもヘルパーさんをお願いしたほうがいいんじゃないかと、心配したことも度々ありました。

ただ、本人がずっと同居を拒んでいたこと、そして特に認知症初期の頃は、「まだ自分は元気なのだから余計なことをしてくれるな」といった態度でしたので、本人の意思を尊重する意味でも、我々は時々様子を見に行き、問題があれば対応する形をとっていました。

この親せきが高齢者ホームに入ってからも、自分たちの対応が間違ってはいなかったか、また今後自分の親が認知症になった場合に、自分がどのように行動すべきか考えあぐねていましたが・・・

「看る力」の中で「認知症の方の一人暮らしは一見過酷だが進行を防ぐ特効薬」との話を読んで、我々がこの親せきに対してとった行動は、結果的に良かったのではないかと思えてきました。

「看る力」には、この記事の内容以外にも、終末期や介護にまつわる興味深い話がたくさん取り上げられていますので、ご自身や身内の老後や介護に対し、多少なり不安を抱えておられるなら、是非一度読んでみてください。

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

終活と婚活は同時進行が良いワケ

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は終活と婚活は同時進行するのが良いというテーマでお話します。

終活と婚活

終活と婚活って対照的じゃない?とお思いになるかもしれません。

人生の一大イベントである結婚に向けてパートナーを探す婚活、それに対し、人生をどのように終えるかを考えながらの一人作業、というイメージのある終活。

婚活は華やかな出会いの場所で行われますが、終活で考えるのは、終の住処(ついのすみか)や葬儀場といった、華やかさとはちょっと縁のなさそうな場所。

でも、婚活パーティに行ってもお見合いをしても、なかなか良いと思う人に出会わない、連絡先を交換しても連絡が続かない・・・などと婚活に行き詰ったとき、同時進行で終活をやり始めてみると、婚活との相乗効果を生むかもしれません。

終活を婚活で応用!?

一般的に終活でやることとして、エンディングノートを書くこと、生前整理としての断捨離をすること、お墓を決めること・・・などが挙げられますが、これらの行為そのものが終活であるというより、これらの行為を通じて、今これから残りの人生をどうやって生きていくか、やりたいことは何か、自分らしくいられる生き方、などを考えることこそが終活と言えるのではないでしょうか

終活では、自分が亡くなった後の葬儀・お墓・相続などを考えるだけではなく、これまでの人生を振り返り、残りの人生を設計していくことになります。

その中で「自分のあり方」を前提として、「こう生きたいなら、いつまでに断捨離しないといけないな」とか、「これをやりたいから、葬儀のことは先に決めておこう」と、生前整理やエンディングノートの記入などの終活作業に入る方もいらっしゃると思います。

エンディングノート・断捨離については下記記事をご覧ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

生前整理での断捨離 手順・ポイントなど

そこで、こういった終活での思考パターンを婚活でも応用してみるのです。

終活思考が婚活に役立つ!

婚活では、「こうこうこうで、こういう人がいい」と相手に自分の理想を求めがちですが、少し視点を変えて、「自分はなぜ結婚したいのか」「パートナーとどのように生活したいのか」「結婚後のイベント予定(に向けての貯蓄)は?」と、自分を軸にして考えてみましょう

それらが明確になれば、今をどう生きて、これからどう行動していくかが見えてくるはずです。

そうすれば、今まで数打ちゃ当たる的に通っていた婚活バーはやめて、マッチングアプリを利用して、自分と気の合いそうな人の数をある程度絞ってみようとか、婚活は一旦休止して、将来のために資格取得をしてみようなどと、自分で決断し、責任を持って行動できるようになるでしょう。

そんな生き生きと前向きに活動しているあなたを見て、惹かれる異性が現れる可能性だってあるわけです。

婚活思考だって終活に取り入れよう

婚活中というのは、異性に好かれようと身なり・仕草・話し方・話す内容など、様々なことに気を配ると思います。

それは、今を精一杯生きていることとも言えます。

終活は、残りの人生を有意義に過ごすために行うのが目的のひとつですので、婚活中のような前向きな気持ちで取り組んでいくと、進捗も自ずと早くなり、その目的を達成する近道になるでしょう。

そして、その目的達成までの過程すらも、前向きに取り組むのですから、有意義であると言えます。

婚活・就活・終活


びびあん
同時進行して相乗効果に期待しましょう!

びびあん
「生活」の言葉の由来に驚きですね^^

ちなみに、「独活」は「うど」と読む山菜のことです。

・・・一人で生きるための準備、ではありませんよ^^;

終活と婚活の同時進行が良いワケ

それは、終活と婚活には上述のように、共通するマインドがあるからです。
終活で、これからの人生を計画するときの具体的な思考は、婚活で主体性を持って行動することに役立ちますし、婚活中の「今を精一杯生きる」考え方は、残りの人生を有意義に生きるために行う終活の肝となるでしょう。

まとめ

昔、プロポーズの常套句のひとつに「一緒のお墓に入ろう」という言葉がありました。

この言葉こそ、終活と婚活がリンクしていることをはっきりと表しているのではないでしょうか。

婚活のゴールは結婚ですが、結婚後の生活も、悔いのないよう行動し、有意義に生きていくのが理想と言えますし、日々の生活そのものが終活に向かっていると言っても過言ではありません。

婚活中のあなたが、願わくは「一緒のお墓に入る」パートナーと出会えますように。

そして、終活中のあなたが、生き生きと素敵な毎日を過ごされますように。



記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

山本KIDさんのニュースから考えた終活の必要性

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は山本KIDさんのニュースから考えた終活の必要性というテーマでお話します。

山本KIDさんのニュースから考えた終活

9月18日、山本KIDさんが胃がんで亡くなられました。

山本KIDさんが自分と同年代だったこと、間違いなく一般人より身体を鍛えておられたであろう山本KIDさんが、がんの治療宣言をされてから、わずか3週間余りで亡くなられたことに、少なからずショックを受けました。

そして、同年代で生かされた者として、自分に何ができるかと考え、このブログに山本KIDさんのニュースから考えた終活することの意味、終活でしておくべきことを書こうと思いました。

なぜ終活が必要なのか

自分の死後に身内の負担を減らすため

具体的に何をするかは下で述べますが、例えば、自分にもしものことがあった場合に連絡してほしい人をエンディングノートに書き留めておけば、いざという時に身内が、連絡先がわからず慌てたり困ったりすることはないでしょう。

これは、病気の告知や延命治療、葬儀やお墓に関しても同じです。

自分の希望を記しておけば、その方面で身内が悩まずに済むでしょう

残りの人生を有意義に過ごすため

エンディングノートを書いて、断捨離をしていくと、自分の立ち位置・人間関係・持ち物がまず視覚的に整理され、それから頭の中が整理されてくるはずです。

エンディングノート・断捨離については下記記事をご覧ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

生前整理での断捨離 手順・ポイントなど

頭の中が整理されると、思考の余地が生まれるため、次に何をするべきかが見えてくるでしょう。

ずっとやりたかったけど、先にやったほうがいいことはたくさんあるし、今はできないな・・・と思っていたことを、実行する気になるかもしれません。

終活でしておくべきこと

病名告知や延命治療に対する希望の伝達

山本KIDさんは、約2年前にがん宣告を受けた後も、沖縄や埼玉にジムを開設し、2018年春より末期がんの治療ができると聞いた医療機関のあるグアムへ移住したりと、最後まで精力的に活動されていました。

病名告知を受けたくない人もいると思いますし、その考え方を否定はしません。

ですが、こういう考え方もあると思って読み進めていただければ幸いです。

これからどのような治療を受けていくか、これからの生活で何を優先するか、これらは告知を受けてこそできる選択だと思うのです

山本KIDさんが、ジムを開いたり、がん治療のできる海外の病院を探したように、最後まで希望を見失わず、残された時間でご自身のできることを精一杯されたように。

そして、延命治療と聞くと、本人の意思と関係なく、ただ生き長らえるために行う投薬治療のような印象が個人的にありました。

ですが、延命治療というのは、がんに起因する精神的・身体的苦痛をやわらげる緩和ケアと呼ばれる治療も含まれます

「がんの進行を遅らせるため」というよりは、「今をより良く生きるため」に、どのような延命治療を希望するのかを考えましょう。

連絡先の整理

山本KIDさんは有名人ともあって、交際範囲が広かったようです。

ただ、ご逝去の連絡と葬儀に関しては未定(2018年9月現在)とのことで、主宰ジムからTWITTERとアメブロで発信されたのみでした。

もしかすると、このようなシンプルな連絡方法も、山本KIDさんが生前に希望されていて、ご家族にそう伝えていたのかもしれません。


自分にもしものことがあった時に、まず誰に知らせてほしいか、葬儀に来てほしいのは誰か、エンディングノートに書いておきましょう

連絡先リストができたら、葬儀内容やお墓、財産などについても希望を書いていきましょう。

「あれだけ話したのだから希望は伝わっているだろう・・・」などとは思わずに、内容はやはり具体的であるほどわかりやすいと思います。

終活でやることについては、下記記事もご参照ください。

終活でやること! まとめ

終活のためにもがん予防

終活でしておくべきことをするのにも、身体がままならないと難しいですし、終活以前に治療が必要な状況になる可能性も出てきます。

終活を始めるのにいつなら早くて、いつなら遅いのかという基準はありませんが、ご自身が元気なうちに始めるに越したことはありません

気力・体力を持って終活するためにも、病気にならないよう日頃から予防に努めましょう。

山本KIDさんが罹患していた胃がんを含む病気は、日常生活で禁煙、偏りのない食事・節度ある飲酒をして、適度に運動し、定期的に検査を受けて予防すれば、治療の困難なレベルに発展するリスクを低くすることができるそうです

(山本KIDさんががん予防をしていなかったということを言っているのではなく、病名を例に挙げているだけです。)

もしも喫煙や大量飲酒が習慣になってしまっているのでしたら、予防する生活にシフトして習慣化していきましょう。

人間は大部分の時間を習慣で生きていますので、予防する生活を習慣にしてしまえば、病気という大きなリスクを軽減したり、回避できる可能性も高まるのです。

まとめ

終活ですることは、自分の置かれている環境や年代によって様々です。

今回は山本KIDさんのニュースから思いを巡らせた、終活の意味と終活ですべきことをお話させていただきました。

最後に山本KIDさんのご冥福をお祈りいたします。


記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

アラフォー(40代)の就活は何をすれば良いのか?

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回はアラフォーの終活についてご案内いたします。

アラフォー(40代)の就活はブログを書く

数年前、世間では恐らく晩婚と呼ばれる年齢で、わたしは結婚しました。

たまたま縁があってのことで、結婚の決まる二ヶ月前などは、この先ずっと独身のまま過ごすのだろうな、と本気で思っていました。

とは言え、本当に独身のままだったら、こうしてブログを書くことはおろか、40代で終活を自分ごととして考えることなどなかったのではないかと思います。

今回は、特にアラフォー世代に向けて、終活で何をすれば良いかお話します

アラフォー(40代) の就活はとりあえず何をすれば良い?

エンディングノートの書ける部分だけでも書く

エンディングノートの書き方は、下記記事の「エンディングノートに記すこと」をご参照ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

葬儀・お墓

延命治療や介護

財産相続

これらの項目は、どのエンディングノートにも設けてあるはずですので、ご自身の要望を書いていきましょう。

例えば、「家のお墓に自分も入れてほしい(家のお墓が存在することを前提で)」「余命宣告を受けたら延命治療はしないでほしい」というように書きます。

お墓の状態がわからない場合は、家のお墓の有無をまず確認しましょう。

時間が経つにつれて、気持ちの変化があったり、要望が具体的になれば、エンディングノートを更新するようにしましょう

書いた内容に法的効力を持たせたい場合は、項目ごとに内容をまとめておき、遺言書を作成する計画を立てます。

生前整理での断捨離

下記の整理から始めましょう。

断捨離のやり方は、下記記事の「生前整理での断捨離はどうやってする?」をご参照ください。

生前整理での断捨離 手順・ポイントなど

クレジットカードの整理

今使用しているカード以外は解約しておきます。

ポイントカードの整理

期限切れ、使っていないものは処分します。

使用しているカードの枚数が多い場合は、スマホのアプリで一括管理するようにしましょう。

デジタルデータの整理

画像・動画

必要最小限まで整理します。

自分の思い出は、自分以外の人にとっては往々にして「重いで・・・(関西弁)」な荷物になるでしょう。

見られて困るものは自動削除ソフトを使いましょう。

自動削除ソフトについては、下記記事の「生前整理での断捨離でデジタルデータはどうするか」をご覧ください。

生前整理での断捨離 手順・ポイントなど

登録中のショッピングサイト・SNS・アプリなど

使っていないものは思い切って退会するか、「○年後までに使わなければ退会する」と期限を決めましょう。

加入している保険・金融商品を見直してみる

客観的に自分の保険・金融商品を見てもらえるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談しながら、不要な保険は解約したり、必要に応じ、加入中保険の内容変更(必要なオプションを追加・不要なオプションを削除)します。

例えば、「○年に一度○万円ボーナスを受け取れます」といった商品の場合、毎月の掛け金にボーナス分の積立金額が上乗せされていたりするので、ボーナスの金額を同じ期間で自身で貯金できるのであれば、ボーナスなしで掛け金の安い内容に切り替えたり、別保険に入り直します。

ただ、継続加入の条件で、自分に有利なインセンティヴ(例えば、健康な状態を継続していれば、○年ごとに掛け金を割引)がある場合もあり、加入中保険の掛け金が高いからと解約して、新たな保険に入り直すことが一概に良いとは言えませんので、やはりFPと相談しながら、老後に向けてより良い計画を立てましょう。

金融商品に関しても、FPに相談しながら、「何年後までにいくら貯める」という計画を立てます

計画に基づき、不要な金融商品は解約、加入中の金融商品(ポートフォリオ*)のリバランス・リアロケーション*を行い、適切な資産形成を行っていきます。

*ポートフォリオ → 金融商品1件を100%として、そのうちの株式が何%、国債が何%といった資産配分比率のこと。

*リバランス → 相場変動により上下した資産配分比率を、当初決定した比率に修正すること。

*リアロケーション → 資産配分比率を変更すること。リバランスは当初の比率に戻すのに対し、リアロケーションは比率自体を変更します。

このリバランス・リアロケーションは年に一度見直すのが望ましいです

ご自身保有の金融商品のポートフォリオがわからないという場合は、まずポートフォリオを知ることから始めましょう。

契約時の書類を見返すか、書類が見当たらなければ、契約している金融機関に再発行してもらいましょう。

近年では、様々なバックグラウンドを持ったFPがいます。

FPには資格試験があり、保険・金融商品・不動産などの知識を有する必要がありますが、その中でも元保険屋は保険関係により強く、元証券・銀行マンは金融商品により強い傾向にあります。

ご自身が相談したい分野により詳しいFPに相談することをおすすめします。

まとめ

9月18日、わたしと同年代の山本KID徳郁さんががんで亡くなられました。

正直、老後というのは40代にとってはまだ少し先のこと、終活も余裕を持って行っていけば良い、という気持ちもありましたが、こうして同年代の方の死を目の当たりにすると、残りの人生を大切に生きるためにも、今終活を始めて早すぎることは決してない、と身にしみて感じました。

今回の記事が、アラフォー世代のあなたの終活のきっかけとなりますように。

終活でやることについては、下記記事もご覧ください。

終活でやること! まとめ

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。