葬儀マナー 焼香・香典・服装の正しい形式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

以前の記事(葬儀の準備・流れ・形式 – 葬儀は何をどのように手配するのか)で、葬儀の手配方法をご遺族の立場でお話しましたが、今回は服装やお香典、ご焼香の作法など、知っておきたい葬儀マナーについてご案内いたします。

スポンサーリンク

葬儀マナーについて

今回は参列する立場での葬儀マナーをご案内したいと思います。

葬儀マナー 服装

通夜 喪服か地味な色あいのスーツ・ワンピースを着用しましょう

葬儀・告別式 極力喪服を着用しましょう

男性 → フォーマルスーツ(喪服)・ダークスーツ/黒・濃紺・グレー ワイシャツ/白 ネクタイ/黒 靴下・靴/黒 アクセサリー/結婚指輪のみ

NG → ネクタイピン・カフスボタン

女性 → フォーマルスーツ(喪服)orスーツorワンピース/黒・紺・グレー ストッキング・靴/黒 アクセサリー/結婚指輪・一連パールのみ

NG → 革・毛皮・二連パール・濃いメイク・カラフルなネイル・光沢のあるもの・目立つもの・ショルダーバッグ(やむを得ない場合は肩にかけず手に持つ)

子供 → 学生であれば制服 幼児であればシャツ/白 ズボン・スカート/黒・紺 靴下/白

葬儀マナー 挨拶

葬儀受付でお香典を渡す際に述べます。

一般的なお悔やみの言葉

「この度は誠にご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」

NGワード(忌み言葉) → くれぐれも・ますます・続く・死ぬ・生きる・・・など。

キリスト教「安らかな眠りにつかれますよう、心よりお祈り申し上げます。」

NGワード → ご冥福・成仏など。

葬儀マナー 香典

通夜か告別式へ持参します。

お香典袋

水引(みずひき)は結びきりで黒白か双銀(銀一色)が一般的です。(下画像の真ん中と右側の水引です。)

 

お香典金額が5千円までの場合は水引の印刷された袋、1万円以上の場合は水引がかかっている袋を使いましょう。

名前は水引の下、中央に薄墨で書きましょう。

表書き

使用できる宗派及び使用できる場面をご紹介します。

御霊前 → ほぼ全ての仏教宗派、或いは宗派の不明な場合に使用可能

場面:通夜・葬儀・告別式(四十九日前)

御香典・御香料 → 全ての仏教宗派で使用可能。神道・キリスト教はNG

場面:通夜・葬儀・告別式・法要

御仏前 → 曹洞宗・浄土真宗。

場面:四十九日後法要なら、他の仏教でも使用可能。

御玉串料(おんたまぐしりょう)・御榊料(おんさかきりょう)・御神饌料(ごしんせんりょう)・御神前料(ごしんせんりょう)・御霊前

→ 神道

場面:通夜・葬儀・法要など共通

お花料 → キリスト教・無宗教

場面:通夜・葬儀・法要など共通

びびあん
宗派がわからない場合は「御霊前」が無難ですね。

中袋に書くこと(縦書き)

表:金額

5千円 → 金伍阡円

1万円 → 金壱萬円

というように、金額の前に「金」をつけて、金額は旧字体の漢数字を使います。

裏:住所・氏名

郵便番号も書きます。

相場

親せき:1万~5万円

友人・知人・隣人・仕事関係者:5千~1万円

知り合い程度:3千~1万円

以前、相手の方から自分の親せきにお香典をいただいたことのある場合は、同じ金額で包むと良いでしょう。

お香典について他に知っておくと良いこと

お香典で包むお札は1・3・5・10枚が主流です

お香典は旧札を包むのが通常ですが、新札しかなければ折り目をつけてから包みます。

お香典は袱紗(ふくさ)*に包んで持ち歩きましょう。

*ふくさ → 紫は慶事弔事の両方で使えます。袋状のものが使いやすいでしょう。

葬儀マナー 焼香

立礼(りつれい)

祭壇に進む ⇒ ご遺族に一礼 ⇒ 遺影に一礼 ⇒ 親指・人差し指・中指で抹香をつまむ ⇒ 掌を自分に向け、抹香をつまんだ指を額に寄せる(この所作を「おしいただく」と言います) ⇒ 香炉の少し上で抹香を指でこすり落とす ⇒ 遺影に合掌 ⇒ 遺影に一礼 ⇒ 席に戻る

座礼(ざれい)

基本所作は立礼と同じですが、腰を落としたまま*祭壇に進み、一礼します。

*親指を立て、両腕を両脇の前に置き、体を持ち上げ、膝を前に出して進みます。

ご焼香は正座して行います。

回し焼香

隣の方から香炉が回ってきたら、自分の前(椅子席の場合は膝の上)に置き、立礼と同じようにご焼香します。

遺影に合掌後、隣の方へ回します。

神式の場合は、ご焼香をせずに玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。

詳細は下記記事の「寺院・教会/神葬祭」をご参照ください。

葬儀場の種類とそのメリット・デメリット – 葬儀はどこで行うか

葬儀マナー 数珠

もともと宗派によって形が異なりますが、近年では「略式」という全宗派で使用できる数珠を持つことが多くなりました。

座るときは手首にかけ、歩くときは房を下にして左手で持ちます。

左手にかけて両手で挟んで使用します。

びびあん
以下、補足です。

ご香典袋の表書きについては上記でも触れましたが、ご焼香の作法、数珠の持ち方も宗派により異なります。

他に、通夜ぶるまい(料理)の有無、お香典の相場、葬儀の流れなどは地域により異なります。

心配な場合は、事前に宗派や地域の風習などご確認いただくと良いでしょう。

葬儀マナー NG

上記以外で参列者にタブーとされているのは、

読経の最中に着席する。

故人の亡くなられた事情をご遺族に伺う。

葬儀場で雑談する。

通夜ぶるまいをお断りする。

状況の理解できない年齢の子供を連れていく。

といったことです。

冷静に考えれば当然のこととも言えますが、「つい」やってしまわないよう気をつけましょう!

まとめ

上のアンケートにもありますとおり、わかるようでわからない、人には聞きづらい葬儀マナーをまとめてみました。

今後も新しい気づきがあれば、随時記事を更新していきたいと思います。

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください