家族葬とは?家族葬の流れ・費用・香典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は家族葬についてご案内いたします。

スポンサーリンク

家族葬について

高齢化・核家族化が進む社会で、交際範囲が限られてきたり、ご近所づきあいが昔ほど密でなくなった近年、総じて厳しい経済状況も手伝って、家族葬は増加するとともに認知されてきた葬儀形式と言えます。

今回は、そんな家族葬の流れ、メリット・デメリット、家族葬に合っているケースなどをお話したいと思います

家族葬とは

家族・親族・親しい人のみで執り行う葬儀のこと。

葬儀に呼ぶ人の範囲に制限はないので、誰を呼んで、誰を呼ばないかは事前にはっきりと決めておきましょう

家族葬の一般葬・密葬との違い

一般葬に対して、家族葬は葬儀に呼ぶ人の範囲と人数が異なります。

通常、一般葬の参列者数が50名以上なのに対し、家族葬の参列者数は30名程度です。

家族葬は、親族のみで執り行う点では密葬と同じですが、通夜・葬儀・告別式の後、日を改めて一般の参列者を呼ぶ本葬と合わせて執り行う葬儀形式が密葬であり、本葬を行う点で家族葬と異なります。

家族葬が合っているケース

故人が長生きされた場合

ご高齢になると、行動・交際範囲が限られてくる方が多いため、葬儀後に「呼ばれなかった」人とトラブルになる可能性も低くなります。

故人が会社員だった場合

ご自身で商売をしていないという意味で、交際範囲が広くない方であれば、上に同じです。

逆に、交際範囲の広い方は、葬儀に呼ぶ人も自ずと多くなるでしょうから、家族葬には向かないということです。

家族葬の流れ

一般葬と同じです。

臨終 →  ご遺体安置 → 納棺 → 通夜 → 葬儀・告別式 → 出棺 → 火葬

詳細は下記記事「葬儀の流れ」をご参照ください。

葬儀の準備・流れ・形式 – 葬儀は何をどのように手配するのか

家族葬の会場

葬儀社さんとの相談ベースにはなりますが、家族葬は下記のような場所で行います。

自宅 ご近所さんに対して事前の通知と配慮が必要です。

公営斎場 自治会館・公民館など

民営斎場 セレモニーホール・葬祭会館など

宗教施設 寺院・教会など

葬儀場の詳細は下記記事をご参照ください。

葬儀場の種類とそのメリット・デメリット – 葬儀はどこで行うか

家族葬の費用・メリット

葬儀の内容を自由に決められる

家族葬は、近しい関係の人たちのみで執り行うため、内容に希望を取り入れやすいです

話が少しそれますが、上述の密葬の逆順序バージョンで、生前葬で呼びたい人を呼んで、死後は家族葬で、という選択肢もあります。

葬儀の準備に時間がかからない

一般葬では会場・食事・香典返しなどを手配する必要がありますが、家族葬は人数が一般葬より少ないため、その分手間が省けます。

ただ、事前に辞退していたとしても、葬儀当日や葬儀後に香典や弔問を受ける場合もありますので、香典返しや受け入れの心づもりはしておきましょう

費用が一般葬より安い

一般葬の費用(全国平均)が約90万円なのに対し、家族葬の費用(同前)は約58万円と、葬儀内容にもよりますが、主に少人数である分、費用を抑えることができます。

ただ、お香典も呼んだ少人数分を受け取るのみとなりますので、お香典で葬儀費用全てをカバーしようと考えないほうが良いですし、お香典が少ないことにより、葬儀に支払う金額が一般葬を上回ることもあります。

家族葬 デメリット

葬儀に呼ばない人たちに対して配慮が必要

親族・自宅葬儀の場合は近所の人など、訃報連絡が必要と思われる人

訃報(文書)連絡の際、家族葬であることに伴い、参列・供花・香典・弔電辞退の旨を伝えましょう。

知人・会社関係者など

葬儀後に訃報と家族葬を終えた経緯、弔問辞退の旨を書いたご挨拶状を出しましょう。

家族葬に理解を示さない親族に対して事前の説明が必要

「お世話になった近所の人や会社の人を葬儀に呼ばないのは不義理だ」という考えの親族がいるかもしれません。

故人や家族の意思であること、家族葬にする理由などを事前にきちんと説明し、理解を得ておきましょう。

家族葬の香典

訃報を知らせる際、葬儀に呼ばない方々には香典を辞退するのが一般的ですが、相手の間柄によっては下のように迷ってしまうこともあるようです。

びびあん
リンク先の返答にあるように、相手の間柄にかかわらず、葬儀に呼んでいない人からお香典だけいただくのはおかしな話ですね。

まとめ

記事の中で、家族葬と密葬の違いを挙げましたが、密葬は芸能人の方-最近ですと樹木希林さん、他に阿藤快さん、市川團十郎さん-が執り行うことが、比較的多いようです。

一般人よりは交際範囲の広い、また経済的に余裕のあると思われる芸能人の方々も、最期に望むのは家族葬に近いシンプルな葬儀なのかもしれません。

ご自身やご両親に家族葬が合っていそうであれば、まずはご家族で合意できるか、話し合ってみてくださいね。


記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください