エンディング(終活)ノートとは?記す内容・遺言書との違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回はエンディング(終活)ノートについてご案内いたします。

スポンサーリンク

エンディングノートとは

自分の死後や意思疎通ができなくなった場合に備えて、家族や親せき、友人に伝えたいことを記すノートです。

終活やエンディングという言葉・コンセプトから、エンディングノートにはネガティブな印象をお持ちになるかもしれませんが、エンディングノートに自分の意思や想いを記しておくことでこれまでの人生を振り返り、残りの人生を有意義に過ごすことにつながるでしょう

また、残されたご遺族にとっても、万一の場合や死後の、手続き・対応にかかる負担が軽減されるのです。

余命宣告を受けた父親が自身の人生の記録として、また残された家族へのメッセージとして、エンディングノートを作成する姿を娘が追ったドキュメンタリー映画「エンディングノート」が公開されたことにより、エンディングノートという言葉が広く知られるようになりました。

近年では、エンディングノートを配布している自治体もあるくらいです。

エンディングノートに記す内容

記す内容に制限やルールはありませんが、下記内容を記すことで、遺言書の補助的な役割を果たしてくれるでしょう。

○事務的なこと

・銀行口座

・保険情報

・年金番号

・不動産や所有物のうち資産といえるもの(ローンなどマイナス資産含む)

・周囲の連絡先

・アカウント・パスワードなどデジタルデータ

ここで注意することは、口座の暗証番号はノートに記さないことです。口座がわかれば手続きはなんとかなるということです。

また、デジタルデータのアカウントとパスワードは、同じノートではなく、どちらかを別のノートに残しておくことをおすすめします。

○心情的なこと

・告知

・介護

・延命治療

・葬儀

・お墓

に関する意思・希望

これらの項目がもうけられているエンディングノートを入手するか、既に入手したエンディングノートで欠けている項目があれば、ご自身で項目を追加しましょう。

エンディングノートと遺言書の違い

エンディングノートと遺言書の違いを簡単にまとめた表がこちらです。

エンディングノート 遺言書
形式 自由 法律に則った書き方
法的効力 なし あり
費用 紙・印刷代のみ 手数料が必要
効果 気持ちが楽になる 法的処理が楽になる
目的 意思・希望を伝える 主に遺産・相続について記す
内容 いつのことでもOK 死後のことのみ

○形式

遺言書が民法の規定に従って作成するのに対し、エンディングノートには決まった書き方がなく、思いの丈をノートにつづっても良いですし、PCの文書作成ソフトで作成し保存してもかまいません。

○法的効力

エンディングノートには法的効力がありません

ノートに書いた意思や希望がご自身の死後に実行されるかは、ご家族との日頃のコミュニケーションと信頼関係によるものともいえます。

○費用

遺言書は記載する財産価額により一定の手数料がかかるのに対し、エンディングノートは使用するノート(紙)代・印刷代程度です。

○効果

エンディングノートに意思や希望を書いておくと、気持ちが楽になるだけでなく、残されたご遺族の金融機関や業者に対する各種手続きや対応もスムーズにいくでしょう

○目的

上で述べましたように、エンディングノートでは意思・希望のほか、事務的なことを記しておくことで、遺言書の補助的役割を果たすことができます

○内容

遺言書が財産分与など死後のことのみ記録するのに対し、エンディングノートは人生を振り返って書くイメージです。

エンディングノート おすすめ

○コクヨ  「もしもの時に役立つノート」
もしものことがあったとき、残された人が困らないように、自分の情報や思いが伝えられるものを残す手伝いをしてくれる、大手ショッピングサイトで一番売れているエンディングノートです。



びびあん
そうですね、ノートがどこに置いてあるのか、をご家族に伝えておきましょう。

○ナカバヤシ「プレシャス エンディングノート~私の大切なノート」
あの大渕愛子弁護士監修、要記入項目が「大切な○○」と柔らかい言葉で分けられていて、気負いせずに書ける女性向きのエンディングノートです。


びびあん
びびあんと同世代の大渕愛子さんが終活に関わっているお姿を拝見し、嬉しいです!

○吉村行政書士事務所 「もしものときの連絡帳」

・基本情報(私のプロフィール)

・連絡先リスト

・介護や終末期医療について

・ペットについて

・葬儀やお墓について

・各種契約リスト

・財産リスト

・死亡後の手続きリスト

の8つの項目から、自分に必要な項目を自由に選んで使うことのできるオーダーメイド式のエンディングノートです。

吉村行政書士事務所 エンディングノート もしもの時の連絡帳. http://www.gyosyo.jp/downloads/endingnote,  (参照 2018-06-23)

これまでに10,000ダウンロードされているそうです(500円税込、冊子版1000円税込もあります)。

まとめ

エンディングノートにご興味を持ちましたら、是非上のノート名から詳細をご覧ください。

ご自身に合うエンディングノートを見つける参考になりましたら幸いです。

エンディングノートを書くことによってご自身の思考の整理ができてきて、「次は何をすればよいか」考えることもあるかと思います。

終活の行動を起こすきっかけとして、エンディングノートを書いてみるのはひとつの方法ではないでしょうか。

終活でやることについては、下記記事もご参照ください。

終活でやること! まとめ

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください