近年増えている永代供養とは?永代供養墓の相場・種類など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は永代供養(墓)についてご案内いたします。

スポンサーリンク

永代供養とは

以前テーマにした葬儀の延長線上にあるとも言えるお墓のこと。

葬儀の記事は下記リンクをご覧ください。

葬儀の準備・流れ・形式 – 葬儀は何をどのように手配するのか

その中でも近年増えている永代供養(墓)とは、具体的にどういうこと(もの)で、何をするのだろう?

そんな疑問が頭に浮かび、この記事を書くに至りました。

永代供養とは何か

永代供養とは、家族・親族に代わって決められた期間は寺院や霊園がお墓を管理・供養してくれることですお墓参りは自由ですが、お参りする人がいない場合でも、無縁仏になる心配がありません。

永代供養墓と従来のお墓の違い

永代供養墓は、決められた期間お墓を管理・供養してもらえるという「永代供養権」を得ることに相当します。

近年の少子・核家族化などで承者を持ちづらい場合に適しています

従来のお墓は墓地を使用できる権利「永代使用権」を取得することになります。

永代使用権は、お墓の継承者が永代使用料を支払い継承します。

そのため、従来のお墓は継承者のいる場合に適しています

永代供養墓の納骨形態

合祀(ごうし)型

故人の遺骨が他の人の遺骨と共同で納骨される永代供養墓です

維持管理費はかからず割安ですが、後で遺骨を取り出すことができず、遺骨の埋葬場所を移動させたい時に不便です。

個別型

名前のとおり、遺骨が個別に管理されます。

但し、決められた期間が過ぎれば(多くの場合三十三回忌まで)、他の遺骨と共に納骨されます

永代供養墓の相場・種類

屋内

納骨堂とも呼ばれます。永代供養料プラス維持管理費が必要です

維持管理費は1万円前後/年/名が相場です。

費用は永代供養料/名の目安です。

ロッカー型

ロッカーのように区切られた壇に、個別に納骨する様式です。

費用:10万~

仏壇型

上が仏壇、下が個別の納骨壇となっている上下二段の様式です。

費用:30万~

機械型

遺族が来た際に、納骨スペースから遺骨を取り出し、仏壇式参拝スペースへ出てくるシステムです。

費用:50万~

屋外

集合墓

供養塔の下に共同で納骨する様式です。

費用:10万~

個人墓

従来のお墓に永代供養を付けた様式です。

従来のお墓との違いは、故人一代のみの使用となり、継承者はいなくてもかまわないことです

夫婦で使用する夫婦墓もあります。

費用:30万~(1名用)・50万~(夫婦用)

自然葬

継承者を必要としない点から、自然葬も永代供養に分類されることがあります。

具体的には下記のような葬送方法です。

樹木葬

墓地と認可されている場所で、樹木を墓碑として下に遺骨を埋葬する様式です。

費用:10万~

散骨

火葬後の遺骨を粉末にして、海・山などに撒きます。

費用:5万~(葬送費のみです。)

永代供養墓地の種類とメリット・デメリット

寺院の境内にあるのが寺院墓地、他に公営墓地・民営墓地があります。

寺院墓地以外は霊園とも呼びます。

寺院墓地

メリット

お墓が寺院の境内にあるため、管理面で安心できる

デメリット

檀家にならなければいけない場合がある。

民営墓地

メリット

宗旨・宗派は問わない。

施設の整備状態が良く、サービスが充実している

デメリット

公営と比べると費用は高い。

立地が不便である。

公営墓地

メリット

民営と比べると費用は安い

宗旨・宗派は問わない。

デメリット

費用が安いため競争率が高い。

永代供養 墓じまい

永代供養へ改葬するときは、ご遺骨の引っ越しとも言えるじまいが必要です

改葬とは、墓じまいの後、永代供養墓へ納骨することで、お墓の引っ越しと言えます

改葬が決まりましたら、現在お墓のある役所で「改葬許可申請書」など必要書類を入手し、記入済の書類を役所に提出し、引き換えに「改葬許可証」をもらいます。

新しいお墓の管理者へ改葬許可証を提出します。

以上は墓じまいから改葬までの書類の動きですが、実際に伴う作業である、元のお墓へのお布施、元のお墓の撤去、改葬先への納骨など、総費用は300万程度かかる場合もあります。

びびあん
改葬の際は、ご親せきや現行の菩提寺さまとよくご相談くださいね。

永代供養に対する手元供養

手元供養は自宅供養とも言い、ご遺骨或いはご遺灰を自宅で保管し供養することです。

お墓に関する費用の発生しないことはメリットと言えますが、供養の継承者を考える必要は出てきます

永代供養のご様子


びびあん
実際のご供養をこうして拝見すると安心できますね。

まとめ

永代供養(墓)や関連することをご紹介いたしましたが、対象となる方のお墓が現在どのような状態なのかをまずはご確認いただき、ご親せきやご関係者さまと、そのお墓をどうするのかをよくご相談されてください。

そして、お墓を決める際はこちらの記事をご参照ください。

→→ 「いいお墓」はおすすめ!口コミ・キャンペーン・まとめ

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください