生前・遺品整理

いかにして親に終活をすすめるか

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は親に終活をすすめる方法についてご案内いたします。

親に終活をすすめる理由

自分の親が、エンディングノートに連絡先・財産・葬式のことなどを書いておいてくれたら、物を整理しておいてくれたら、自分はどれほど気が楽でしょうか。

エンディングノートに書いてあることでは判断に困りませんし、遺品整理の手間も大幅に軽減できるわけですから。

でも、実際親に終活をすすめると、「早く死んでほしいのか!?」なんて、いらぬ誤解を生み、けんかの種にもなりかねません。

そこで今回は、親を怒らせないよう、自然な流れで終活をすすめることのできる方法をお話したいと思います。

親に終活で何をしてもらいたいか

親に終活をすすめる前に、自分は親にどんなことを終活でしてほしいのかを整理しましょう。

生前整理

連絡先や終末期医療・相続・葬儀・お墓の希望をエンディングノート*に書いてもらう(自分としては、少なくともそれらを聞いておく)

といったところでしょうか。

*エンディングノートについては、下記記事をご覧ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

終活でしてもらいたいことが上記の全てであれば、何を優先するかをまずは決めておきましょう。

親に終活で何をしてもらいたいかによって、終活をすすめる方法も変わってくると思います。

ここから、終活のすすめ方を状況別に順を追ってお話します。

親に終活を意識してもらう

親に終活を意識してもらうために、次のことをしてみましょう。

生活がより良くなる提案をする

状況:生前整理をしてほしい場合

物が多くなっているのは、なにか理由があってのことかもしれません。

そこをいきなり「片づけて!」と言ってしまうと、親の気分を害することにもなりかねません。

そこで、「最近地震が多いから、部屋にある物が倒れてきたら危ないんじゃない?」とか、「この荷物を片付けたら、スペースができて気分が変わるんじゃない?」などと言って、より過ごしやすくするための提案として、物の整理を促すのです。

体調を気遣う

状況:医療に対しての希望を聞いておきたい場合

親の年代であれば、健康に対して何かしらの心配があるものです。

自分から話し出すことはなくとも、私たち子供の側から尋ねれば、話してくれる可能性も高くなります

「最近体調はいい?」と気遣うように話しかけ、「万一のときのために」と、今症状のある部位・掛かっている医療機関・保険証の置き場所などについて確認しておきます。

状況:連絡先リストをつくってほしい場合

上の続きで、「万一のときのために」必要な親族の緊急連絡先を、電話帳などに明記しておいてもらうと良いでしょう。

自分はこうしたいとつぶやいてみる

状況:葬儀・お墓・介護の希望を聞き出したい場合

不自然にならないタイミング(下述)で、「私なら、家族葬でアットホームな葬式をしてほしいけど」とか、「永代供養が最近は多くて、私もできればそうしてほしいかな」などと、「自分はこうしたい」と先に切り出してみましょう

そうすれば、親も自然と「私なら・・・」と葬儀・お墓の希望を話しやすくなるはずです。

介護を含む終末期医療のデリケートな話題では、「私ならどうしたいかな、こういうことにはちょっと答えにくいよね」と、自分の率直な気持ちを述べてみても良いと思います。

いずれにしても、自分から話を切り出すことで、親も希望や心情を話しやすくなるでしょう。

親に終活を切り出すタイミング

テレビで終活が取り上げられていたとき

芸能人や親子とも客観的に受け止められる人が亡くなったとき

お盆など親族が集合したとき

こうしたタイミングで、上述のようにさりげなく自分の希望をつぶやいてみたり、調子を尋ねてみたり、暮らしやすくなる提案をしてみたりすると、親と終活の話がしやすくなると思います。

親が終活に関心を持ち始めたら

親が終活を意識し、関心を持ち始めたら、エンディングノートをプレゼントとして渡したり、生前整理を一緒にしてみましょう

親が自発的に行動できるようなきっかけをつくるのです。

親に終活をすすめる方法

親に終活をすすめる方法は下記のとおりです。

親に終活で何をしてもらいたいかを考える。

親に終活を意識してもらえるように、テレビで終活の話題が持ちあがったときなどタイミングを見計らって、提案・気遣い・つぶやきといった形で終活の話を切り出す。

親が終活に関心を持ち始めたら、エンディングノートを渡すなど、親の自発的な行動を促す

まとめ

できるなら自分でもエンディングノートを書いてみたり、断捨離をしてみると、終活する人の気持ちが理解できますし、やり方のコツがわかってくるので、話もしやすくなると思います。

親に終活をすすめるポイントは、子供から「すすめられた」と感じさせないことです。

親が自発的に終活を始められるように、タイミング・終活話の切り出し方・意識づけに工夫して、親が行動を起こすきっかけをつくりましょう。

それは大変なことでしょうか?

いいえ、荷物に溢れた部屋で、何の意思も希望も知らされないまま、親が亡くなった後の苦労に比べたら、終活をすすめるくらいたやすいことですよ!

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

終活でやること! まとめ

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は終活でやることをまとめてみました

終活って結局何をすればいいの?

このブログでは、終活をテーマに葬儀やお墓など様々なネタを取り上げてきましたが、「・・・で、終活って結局何をすればいいの?」とお思いの場合もあるのではないでしょうか。

終活でやることは、その人の年代や置かれている環境によって違うと、個人的には思います。

それでも「何から始めるのか、どうすればいいのかわからない」と、終活に対してなかなか重い腰の上がらないあなたへ、「こういうことをしてみましょう」という提案を兼ねた、終活でやることのまとめを今回はご案内いたします。

終活でエンディングノートを書きましょう

銀行口座や保険情報、自分に何かあったときの連絡先などをエンディングノートに書いておくことで、残されたご家族の負担が軽減されるでしょう。

エンディングノートについての詳細は、下記記事をご覧ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

更に、下記のことはエンディングノートでは外せない項目になってくるはずです。

ですが、下記項目は、意思がある程度固まらないうちは、上手く書き出せないことでもあります。

書き出せない場合は、まず考えて、家族と話し合い、意思を固めることから始めてみてください

自分の最期に希望することは何か

病名告知・介護・延命治療に対する自分の意思を書いておくことで、たとえ身体的に自分の意思を伝えるのが不自由な状態になったとしても、家族が医療機関に対し、適切に対処できるでしょう。

終末期医療については、下記記事の「終活でしておくべきこと」をご参照ください。

山本KIDさんのニュースから考える終活の必要性

また、介護においては、高齢者ホームに入所する選択肢もありますし、部分的にヘルパーさんに依頼したり、デイサービスを利用する方法もあります。

自分が要介護になったときは、恐らく自分の介護に対する意思を満足に伝達できる状態にはないと思いますので、考えるのが辛いことではありますが、元気なうちにエンディングノートに意思表示しておくことで、自分と家族の気持ちが楽になるでしょう。

高齢者ホームについては、下記記事をご参照ください。

多種多様です!知っておきたい高齢者ホームの種類・サービス・特徴

話が少しそれますが、ご家庭で介護する場合にも、看る側があまり疲れてしまわないようなポイントを押さえた本「看る力(阿川佐和子・大塚宣夫両氏共著)」が出版されていますので、介護に対して不安を感じたときには読んでみてください。

「看る力」を読んで「看られる覚悟」も必要だと気づいた件

自分の葬儀をどのようにしたいか

自宅で身内だけで行いたいのか、セレモニーホールの一室を借りて、知人や仕事関係の人を幅広く呼びたいのか、葬儀をどこでどのような形で執り行いたいかの希望をエンディングノートに書いておくことで、ご家族が葬儀をスムーズに手配できるでしょう。

葬儀の流れ・種類形式、家族葬については、下記記事をご参照ください。

葬儀の準備・流れ・形式 – 葬儀は何をどのように手配するのか

時代の産物、家族葬とは?家族葬に合うケース、メリット・デメリット

葬儀場については、下記記事をご覧ください。

葬儀場の種類とそのメリット・デメリット – 葬儀はどこで行うか

また、近年では生前葬といって、自分が元気なうちにお世話になった方々へ感謝を伝える葬儀形式もあります。

生前葬ですと、自分の希望どおりに手配がしやすいメリットがあります。

生前葬の詳細については、下記記事をご覧ください。

生前葬って何をするの?メリットとデメリットにお答えします

自分のお墓はどうなっているのか

自分のお墓をどうしたいかの希望を書くことができれば、それがいちばん良いのですが、「自分の入るお墓があるのかもわからない」という方もいらっしゃると思います。

そこでまずは、自分の(既婚女性であれば夫の)家に先祖代々のお墓があるのかを確認しましょう。

自分の家のお墓があれば、そのお墓の現継承者は誰なのかを確認します。

お墓に入るのには、継承者(及び墓地管理者)の承認が必要であるためで、自分とより近い間柄であれば、お墓に入ることを認めてもらいやすいからです。

自分の家にお墓がなければ、新たにお墓を立てるのか、永代供養を依頼するのかを考えましょう。

永代供養についてはこちらを

→→ 近年増えている永代供養とは?永代供養墓の種類・従来のお墓との違いなど

一般墓(従来のお墓)についてはこちらを

→→ 結局気になる!一般墓の種類・形状・入手手順

永代供養と一般墓の比較はこちらを

→→ 向いているのはこんな人。一般墓と永代供養墓を比較してみました

ご参照くださいませ。

また、お墓を持たずに樹木葬、海洋散骨といった自然葬を行う選択肢もあります。


色々と検討されてみて、ご自身とご家族に合うお墓或いは葬送形式を選び、エンディングノートに書いておきましょう

検討の際は下記記事をご参照ください。

「いいお墓」はおすすめ!口コミ・キャンペーン・まとめ

終活で断捨離しましょう

生前整理としての断捨離という気持ちで行いますが、家中の整理をする!・・・と思うと、目標が大きすぎて、それだけで気負いしてしまうんじゃないでしょうか。

そこで、毎日ダンボールひと箱分ずつ、要るものと要らないものに分けるとか、一週間でキッチン周りを片付けるとか、小さな目標をいくつもつくり、ひとつずつゲームのようにクリアしていくと、結果的に家中の整理をするという大きな目標も達成しやすくなるはずです。

断捨離のやり方については、下記記事もご参照ください。

生前整理での断捨離 手順・ポイントなど

終活でやること まとめ

終活でこれだけはやっておきましょう、ということです。

エンディングノートを書く

書く内容

銀行口座・保険情報・年金番号・資産情報・連絡先リスト・デジタルデータ
終末期医療・葬儀・お墓に対する希望

断捨離をする

まとめ

終活でやること まとめ、いかがでしたでしょうか。

「終活で何をしていいかわからない」という場合は、この記事を参考に、エンディングノートを書き始めたり、断捨離をしたりと、まずは動いてみてください。

考えること・身体を動かすことによって、新たな思考・感情が生まれて、次の行動につながっていくと思います^^

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

遺品整理の相場・買取・進め方 – 慌てなくて済むように!

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は遺品整理の進め方についてご案内いたします。

遺品整理について

今夏、わたしの親せきが高齢者ホームに入所しました。

高齢者ホームについては下記記事をご覧ください。

多種多様です!知っておきたい高齢者ホームの種類・サービス・特徴

入所後にわたしの両親がその親せきが住んでいた部屋を片付けることになりましたが、一人暮らしだったのに、なぜか未使用新品のテレビが3台もあったり、不要な新聞を契約していたりで(認知症が進行していたようです)、片づけに思わぬ手間や出費がかかりました

そんな経験を踏まえて、ご遺族の立場で遺品整理はどのように行えば良いかをお話します。

遺品整理の時期

持ち家なら

四十九日や百日法要の後など気持ちに区切りのついた頃や、親族が集合する一周忌といったタイミングが目安となります。

賃貸物件なら

まず、大家さんや管理会社に部屋の明け渡し時期、明け渡し時期前後の家賃の日割り対応の可否について確認します。

次に、自分たちで遺品整理を完了させるのか、遺品整理業者に依頼するのかを、上記の時間や費用面で適した方法を選びます

以下の遺品整理の準備と作業については、主に自分たちで遺品整理をする場合の話ですが、業者に依頼する場合も、部分的に準備や作業を自分たちで行う際の参考にしていただければ幸いです。

遺品整理の準備

遺品の量を把握する

故人が生前に遺品を記録したもの(エンディングノートなど)があるのか、それとも故人の部屋にあるもの、住んでいた家にあるもの全て、というように、遺品がどのくらいあるのかをまず把握します

エンディングノートについては下記記事をご覧ください。

終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

何人でいつまでに終わらせるか決める

1.で把握した遺品の量は、何人必要で整理に何日程度かかるのかを割り出し、大まかなスケジュールを立てます

日ごとのゴールを決める

2.のスケジュールから『○日には△を片付ける』といった一日のゴールを決めていきます

遺品整理の作業

遺品を「残すもの」と「不要なもの」に分ける

「残すもの」から「貴重品」を取り出す

主な「貴重品」は

・銀行通帳
・クレジット/キャッシュカード

・有価証券
・契約書類
・不動産権利関係書類
・印鑑
・健康保険証

・年金手帳
・マイナンバーカード
・パスポート
・公共料金等の請求書/領収書

といったもので、整理するのに公的手続きが伴います

『死後何日以内』と期限のあるものから確認し、整理していきましょう

上記の貴重品以外で残すものの整理方法を決める

これに該当するのは、

貴金属や宝石、美術品など資産価値の高いもの

故人の写真、記念品など思い出の品

といったものです。

資産価値のあるものに関しては、ご親族間で形見分けしたり、業者に買取査定を依頼しましょう

思い出の品については、そのまま保管するのに不便な場合は、写真に撮っておいたり、画像データにしてPCに入れておくとかさばりません

「不要なもの」の処分方法を決める

自治体の規定に従って処分するのはもちろんですが、「不要なもの」の中でも買取してもらえるものなのか判断に迷う時は、一旦処分はせずに、上記思い出の品と同時に買取査定を依頼しましょう

遺品整理 買取

遺品の量が多く仕分けするのも大変だったり、ご遺族のスケジュールを合わせられないといった場合は、遺品整理業者に依頼するのもひとつの手です

不用品処分と買取査定を同時にしてくれる下記のような業者もありますので、遺品整理を自分たちだけで行うより短時間で終わらすことができます
遺品整理のことで悩みなら【ライフリセット】

びびあん
大型家電は処分にお金がかかるので、状態によっては買取ってもらったほうが良いですね。

また、以前の記事生前整理での断捨離 手順・ポイントなどでも触れましたが、遺品整理中にも悪徳業者による*押し買いにはご注意ください

遺品整理の相場

買取査定を依頼する予定の遺品については、事前に相場をチェックして、査定依頼時に業者へ伝えると良いでしょ

更に、遺品整理作業終了時に追加料金などを請求されるケースもあるため、料金に関しては、事前にしっかりと業者に確認しましょう。

*押し買い → 本来なら価値のある品を、相場よりずっと低い不当な価格で買い取ること。

まとめ

故人が生前整理をしておいてくれたら、遺族の遺品整理の負担は大幅に削減されるはずです。

対象となる方がまたご健在の場合は、今のうちから生前整理をお願いするとか、ご一緒に整理していくなどして、死後に備えておくに越したことはないでしょう。

ただ、そうは言っても生前整理を含めた終活に着手している人は、まだ全体の3%です。

ご遺族にとって、故人の遺品整理は今後も無関心ではいられない課題となるでしょう。

今回の記事が、遺品整理の際にお役に立てば嬉しく思います。

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。

 

生前整理での断捨離したい・・・けどコツは?

エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は生前整理での断捨離についてご案内いたします。

生前整理での断捨離とは

生前整理というと、なんだか亡くなる準備をするような響きもありますが、断捨離というと、気楽にできそうな気がしませんか。

残されたご遺族が困らないようにということを念頭に置いて、断捨離すると良いでしょう。

今回お話するのは断捨離の中でも特に、捨(要らないものを捨てる)の部分についてです。

生前整理での断捨離 メリット

1. 上述のとおり、ご家族の片づけの負担を軽減できます。
2. 相続関係を整理し、無用なトラブルを回避できます。
3. 残りの人生でやるべきことが見えてきます。
4. 精神的安定を得て、老後を身軽で快適に過ごすことができます
5.認知症にかかるリスクを軽減できるという海外大学の研究発表があります。

生前整理での断捨離 デメリット

1. 喪失感
2. ものを捨てたことへの後悔
を一時的に感じるかもしれません。

ただ、これらの感情は後に上述した精神的安定や身軽で快適な生活にとって代わるものと言えます

生前整理での断捨離はいつから?

思い立ったらすぐに、少しずつでも片付け始めると良いでしょう

20~40代の方であれば断捨離色濃いめで、50~70代の方でしたら、ご年代が上がるのに対し、生前整理色が濃くなるイメージです。

普段から掃除・片づけをしていれば、年末に大掃除しなきゃ!と気負いすることもありませんが、それと同じ感覚です。

ただ、そうは言っても「掃除・片づけは苦手で、積極的にやろうと思い立ったりはしない」という場合もあると思います。

そういった場合には、「体力・気力のあるうちに」始めることをおすすめします

生前整理を老前整理と表現もするように、老いる前に断捨離をして、老後を快適に過ごしましょう。

生前整理での断捨離 コツ

まずは、ものをカテゴリー分けしましょう。

洋服・家電・台所用品・書類・娯楽品・・・というようにカテゴリーで分けて、カテゴリー毎に要らないものを処分・買い取りに出すなどして、手放すことから始めましょう。

ここでのポイントは「自分でないと要る・要らないの判断がしづらいもの」のカテゴリーから始めることです

要らないものを手放すと、要るもの(今自分に何が必要か)がわかります。

そうすると、「要るものだけ残そう」という意識から、断捨離の離(ものへの執着から離れる)につながり、一石二鳥です。

要るもの・要らないものを分ける基準

基本であり単純明快な考えかたは、
使っているもの → 要るもの
使っていないもの → 要らないもの
ですが、中には、使っていないけど捨てづらいもの、もあるかと思います。

その場合は下記例のように「ではいつ捨てるのか」という時間的ルールを決めると良いでしょう

例1. この先○年箱から出さなければ捨てる
例2. 自分の死後、家族に処分してもらう → ご家族に依頼のメッセージを残すのに、エンディングノートをご活用ください。

エンディングノートの記事はこちら 

→→ 終活の手始め、エンディングノートとは?遺言書との違い、おすすめなど

びびあん
じゃあ、いつやるの? ・・・ってやつですね。

そしてできるだけ、ひとつのカテゴリーが一段落するまで、別のカテゴリーの片づけに手を出すのは控えておきましょう。

なぜなら、あれこれ思いを巡らしたりするうちに注意散漫になってしまい、時間の余計にかかってしまう恐れがあるからです。

残すものの判断材料

保険証書・土地権利証明・ローン支払記録など、下述の財務目録にも係わる書類は当然残しますが、洋服や本など多数を永年保有してきて、どれを残しておけば良いか迷う場合もあるでしょう。

そんな時には、生前整理での断捨離によって、達成したいことは何かを考えてみてください。例えば、

  • クローゼット(ダンボール○箱)に入るぶんだけを残す。
  • 単純に好き・持っていると幸せなど、感情が動くものだけ残す。
  • 現状数の三分の一だけ残す。

といったことを判断材料にするのもひとつの方法です。

生前整理での断捨離中は訪問購入にご注意

びびあん
訪問購入って、こういうことです↓お気をつけくださいね!

生前整理での断捨離でデジタルデータはどうするか?

自分の死後、人に見られたくないデータの話です(^_^;)

PCメインではありますが、こういったソフトがあります。

死亡時自動削除・遺言ソフトとは
自分の死亡時に他人に見せたくないデータを自動削除できるソフトです。自分が元気な間はデータ管理ができるけれど、もし死んでしまうようなことが合った場合はPC内のデータが閲覧されてしまう可能性があります。どうしても見られたくないデータがある場合は、こういった自動削除ソフトを利用するのも一つの方法です。
freesoft 100. https://freesoft-100.com/pasokon/auto-delete.html, (参照2018-06-29)

びびあん
ソフト名をクリックすると詳細説明・ダウンロードのページへ移ります。

死後の世界
Remove timer

生前整理では財産目録も作成

財産目録とは?

所有する財産を漏れなく記録した一覧表です

なぜ財務目録が必要か?

1.遺産分割の話し合いのため
2.相続税申告のため ※遺産が基礎控除額(3,000万円+600万×相続人の人数)以上ある場合

項目・記載事項

1.不動産

住所・面積・評価額

2.現金・預貯金

銀行名・支店名・口座種類・口座番号・評価額

3.有価証券(上場株式・投資信託)

金融機関名・支店名・銘柄・株数・評価額・購入年月日

4.その他財産(自動車・会員権等)

所在地住所・名称・評価額

5-1.借金

借入先・借入残高

5-2.債務・葬式費用

債権者・債務金額

財産目録ひな形

東京家庭裁判所ホームページ. http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/shokaizaisanmokuroku.pdf, (参照2018-06-29)

財産目録に決まった書式はありませんので、エンディングノートに必要事項を記入したり、上のような表を遺言書に添付する形でもかまいません。

生前整理での断捨離がどうしても苦手なら・・・

生前整理での断捨離がどうしても苦手なら、下バナーのような専門の業者さんにお願いしたり、相談する手もあります。


まとめ

終活の手始めとしてエンディングノートを書くことをおすすめしたことがありますが、生前整理での断捨離を始めることにより、ものの整理ができて、エンディングノートが書きやすくなるかもしれません。

ご自身に合った形で終活を始めてみてくださいね。

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。