エンディングサロン 美々庵へようこそ。

終活ナビゲーターのびびあんです。

今回は終活年賀状についてご案内します。

終活年賀状とは

最近ニュースで取り上げられた終活年賀状のこと。

わたしの母は還暦を迎えた年に、「齢60を節目として、来年以降は年賀状をやめさせていただきます」という内容で最後の年賀状を書いたと、いつの日か話していました。

当時、終活年賀状という言葉は社会に浸透していなかったものの、母が最後に出したこの年賀状こそが終活年賀状だったといえます。

今回は、そんな終活年賀状に関する意識調査結果、及び終活年賀状の書き方をご紹介します。

ある朝、目に飛び込んできた終活年賀状のニュース

わたしは20数年まともに年賀状を書いたことがありません。

それは、もともと年賀状を書く意味を見いだせなかったことに加え、海外に住んでいたり、年末年始が休みでない業種に就いたりと、環境によるところも大きいです。

ただ、そうは言っても、何かの折に手書きの手紙をもらったりして、とても気持ちが温かくなったこともありますし、年賀状を送ることは、連絡手段の乏しい時代に、よく会うわけではないけど気にかけている人と、用事がなくとも気兼ねなく連絡の取り合える、良い機会だったのではないかと思います。

そこで、Eメールが普及して、SNSがそれに取って代わろうとしている昨今、年賀状を送っている人はどのくらいいるのか、ふと思い、調べてみました。

終活年賀状に対する年賀状調査

年賀状を毎年送る人はどのくらいいるのか 約70%

そして、

去年送った/今年受け取った年賀状の枚数は? 

「10枚以内」が約50%

ということでした。

2019年亥年年賀状印刷を徹底比較!. http://u0u1.net/NGpu,(参照 2018-11-20)

枚数が少ないとはいえ、毎年年賀状を送る人が今なお7割を占めることは、個人的に意外でした。

それに対して「ほとんど送らない」人は約25%(参照同上)。

気になりましたのが、この「ほとんど送らない」人の多くが若者、というわけでもないようです。

年代にかかわらず、「年賀状を送る必要性を感じていない」人が4人に1人はいる、ということかもしれません。

現に、全国20~60代の男女1328人を対象にした年賀状についての調査では、

「年賀状を誰にも出さない予定」の人 34.3%

といった結果も出ているようです。

@niftyニュース.https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161884992/,(参照2018-11-20)

終活年賀状に関する意識調査

上記ニュースの中で、65歳以上の約200人を対象とした終活年賀状に関する調査の記述がありましたので、続けてご紹介します。

終活年賀状を・・・

受け取ったことがある人 57%

実際に出したことがある人 6%

送ろうと思っている人 約50%

・・・で、その理由は、「付き合いを身近な範囲にとどめたい」「年賀状作成の負担が大きい」から、など様々ということでした。

朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASLC74J6KLC7PTIL00G.html, (参照2018-11-20)

会社で定年を迎えたり、第二の人生を始められるご年代の方々にとって、終活年賀状はより身近な存在であることが表れた数字だといえます。

びびあん
終活年賀状は、これからますます広まりそうですね。

終活年賀状の文例

いざ終活年賀状を出そうと思っても、初めてだしどうやって書けばいいのか・・・と腰が重くなることもあるかと思います。

そこで、終活年賀状の書き方と文例をご紹介します。

まず、通常の新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

次に、年賀状を辞める理由

高齢のため

「還暦(60)」「古希(70)」「喜寿(77)」「傘寿(80)「米寿(88)」{といった長寿お祝い、()内は満年齢}を節目として

寄る年波を感じるに至り

身体的不都合により

手元がおぼつかなくなり

文字の読み書きがつらくなり

びびあん
「平成最後の年を節目として」というのもアリかもしれません。

そして、年賀状を辞退する旨のおことわり

本年をもちまして、年始のごあいさつ状を最後とさせていただきます。

今後は年賀状を控えさせていただこうと思います。

毎年の年賀状も今年限りで失礼させていただこうと思っております。

更に、相手に対するお詫びや感謝

お詫び

誠に勝手ではございますが、なにとぞご寛恕ください。

悪しからずご了承くださいますようお願い申し上げます。

感謝

年賀状のみのお付き合いだった場合

長い間お付き合いいただき本当にありがとうございました。

長年にわたり賀状を賜り、心よりお礼申し上げます。

お付き合いを継続したい場合

今後も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。

次の「結びの言葉」につなげるには、上記文の語尾を「・・・申し上げるとともに」としたり、結びの言葉の前に、「並びに」「併せて」を付け加えます

最後に、結びの言葉

皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

皆さまの益々のご活躍とご繁栄をお祈り申し上げます。

びびあん
まずは例文をつなげてみて、後でご自身でアレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

上記ニュースでは、40歳の会社員で主婦の方が終活年賀状を送った話が取り上げられていましたが、今の40代は、先は年賀状世代・後はSNS世代の狭間にいる年代といえます。

ただ、上の調査結果にあるとおり、年賀状をほとんど出さなかったり、誰にも出す予定がなかったりするのは、高齢者を含めての割合ですし、40代女性がSNSで新年のあいせつを済ませる割合は、20・30代女性のそれより高い、との調査結果も出ているようです。

つまり、年代にかかわらず、それぞれが「年賀状のあり方」を考える時代がきたのでしょう。

終活年賀状とは、そんな時代を象徴するニュースだったのではないでしょうか

年賀状の終活が済んだら、お墓の終活も始めてみましょう。

 「いいお墓」はおすすめ!口コミ・キャンペーン・まとめ

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

別の記事でもお会いできることを楽しみにしております。