四十九日法要や納骨式など法事に関わる費用についてまとめました

法事に関わるイベントとして、四十九日法要や納骨式などがあります。
これらの法事に関わるものにも費用がかかるため、できる限り早いタイミングで準備しておいた方が良いです。
四十九日法要や納骨式のためにどのくらいかかるのか、費用についてまとめてみました。

まず四十九日法要とは、仏教の法要の中でも重要な法要の1つに数えられています。
故人の来世での行き先が決まる重要な日とされており、故人に徳を与えれば極楽浄土へ行くことができると考えられています。

四十九日法要には、まず本位牌が必要となります。
本位牌にかかる費用の相場ですが、形や素材など飾りによって異なります。
高価なものは10万円となり、一般的なものであれば2万円から3万円となります。
本位牌は長期にわたり使用するものであるため、基本的には値段に関係なく故人が気に入ったものを選ぶと良いとされています。

会場費ですが、自宅が会場となる場合は必要ありません。
ホテルや祭場などをレンタルする場合、3万円から15万円が相場となります。
会食費の相場は、3,000円から5,000円ほどかかります。
お寺へのお布施ですが、3万円から5万円が相場となります。
ただし多くの宗派ではハッキリとした基準がないため、葬儀のお布施の10分の1程度で良いでしょう。

次に納骨式とは、火葬後の遺骨をお墓や納骨堂に納めるための儀式のことです。
日本では火葬後に遺骨を骨壺に納め、一定期間仏壇や祭壇に置き供養するのが一般的です。
その後納骨のためには、埋葬許可証が必要となります。
納骨式には線香やロウソク、お供え物の果物などが必要です。
高価なものを用意する必要はありません。
しかしこれらのために、5,000円から1万円ほどかかるでしょう。

またお布施の相場ですが、四十九日法要と同じように3万円から5万円とされています。
ちなみに檀家となっている場合、お布施が5万円を超える場合もあります。
葬儀社に相談すれば、金額を設定してもらえるかもしれません。

僧侶に個人的に渡す費用として、お車代と御膳料もあります。
お車代とは僧侶の移動費のことであり、5,000円から1万円が相場となります。
御膳料は僧侶が食事をしなかった場合にかかる費用であり、5,000円から2万円が相場となります。

四十九日法要と納骨式はともに故人にとって重要なものであり、必要となる費用はただのお金ではないのです。
費用面で心配がある場合は、できる限り早いタイミングで葬儀社に相談することをおすすめします。

葬儀費用の平均相場は?