仏壇や仏具にかかる費用はいくら?仏壇を決める時の注意点も解説

葬儀費用には様々な項目が存在し、仏壇や仏具のことも考えておく必要があるでしょう。
仏壇や仏具にかかる費用はいくらなのか、仏壇を決める時に注意点はあるのか、などを解説します。
必要な準備を進めて、故人を見送る素敵な葬儀を目指しましょう。

仏壇や仏具にかかる費用の相場ですが、まず仏壇は8万円から150万円となります。
相場が大きく開いている理由は、仏壇にも様々な種類があるためです。

職人の手によって作られた金仏壇という種類が最も高く、100万円から150万円が相場となります。
金仏壇と比較すると1つランクダウンしますが、唐木仏壇というものが一般的と言われています。
質素な見た目でありながら明治時代ごろから作られるようになった種類であり、70万円から100万円が相場となります。

これらの他にもミニ仏壇や上置き仏壇というものもあり、8万円から15万円が相場となります。

仏具に関してですが、仏壇のために必要なものがいくつかあります。
たとえば天井から吊る瓔珞は、一般的なものであれば4,000円から5,000円が相場となります。
中には水晶によって派手にデザインされたものもあり、20万円以上かかる場合もあります。
最近ではおしゃれを意識した仏具セットもあり、5万円以下が相場となります。

仏壇を決める時の注意点ですが、まずサイズを考えてください。
どうせなら地味ではなく派手にしたいという考えから、大きなサイズの仏壇を購入する人もいます。
スペースに余裕があればそれでも良いのですが、仏壇には号数というものがあります。
同じ仏壇であっても高さや幅、奥行きが決まっているのです。

サイズが合わず置き場所に困ってしまうことがないように、コンパクトなものを選ぶと良いかもしれません。

また購入時期や納期についても、事前にチェックしておくことです。
仏壇には決まった購入時期はなく、基本的に自由となります。
しかし四十九日の法要に合わせて仏壇開きを行うため、それに合わせて購入したいと考えるのが一般的でしょう。

法要が行われる前に仏壇を用意したい場合、それに間に合うかどうかをチェックしておくことが重要です。
最近では仏壇はインターネット上で購入することもできるため、早めに注文すると良いです。

仏壇は高くても150万円が目安となるため、豪華なものを希望する場合は記事の中で紹介した相場を参考にしてみてください。
スペースの余裕や時期に注意して、納得できる仏壇を探してみてください。