お墓を建てるのにかかる費用の相場と内訳は?

お墓を建てるためにも費用が必要となりますが、あなたはその相場について知っていますでしょうか。
費用の内訳をチェックすると細かく分かれているため、事前に知っておくと費用の準備の役に立つかもしれません。
お墓を購入する際のポイントもあるため、合わせて解説します。

まずお墓を建てるためにかかる費用の相場は、145万から205万円となっています。
上記した費用はあくまでも相場であり、145万円もかからない場合もあります。
反対に石材や立地などの影響で205万円を超える可能性もあるため、いずれにしてもお墓を建てる場合は余裕を持って費用を準備することが重要です。
高価なお墓の購入には、300万円以上かかる場合もあるのです。

お墓の費用の内訳ですが、大きく2つに分けることができます。
1つは墓石代、もう1つは敷地代です。
墓石代とは、石の加工にかかる費用のことです。
そもそも墓石は1つの石だけではなく、複数の部品が集まっています。
墓石本体には竿石や上台、中台や芝台などの様々な部品の集合体なのです。

敷地代には永代使用料というものがあり、簡単に言うとお墓を建てるために場所の権利を買う必要があります。
一度永代使用料を支払っていれば、永代に渡り使用することができます。
先の世代が永代使用料を負担していれば、子孫たちはお墓を引き継ぐことができます。

次にお墓を購入する際のポイントですが、時期にあります。
購入の時期は大きく2つに分かれており、1つは生前購入でもう1つは死後購入です。

生前購入とは家族の中に不幸がないうちにお墓の準備を済ませることで、死後購入はその反対で不幸があった後に準備をします。
お墓を建てるもしくは購入するタイミングに、絶対的な決まりはありません。
ただし最近では自分が元気なうちにお墓を建てる人もいるのですが、税金対策となる場合もあります。

元気なうちからお墓を準備する場合、そのお墓を生前墓と言います。
実は生前墓は、縁起が良いとされています。
生前墓は別名寿陵墓と言い、中国の秦の始皇帝は強いこだわりを持っていたと言われています。
日本の聖徳太子も、寿陵墓を建てています。
それにならい早い時期に購入しても良いかもしれません。

記事の中では145万円から205万円という費用の相場を紹介しましたが、いずれにしても自分の死について費用がかかることを考えておきましょう。
お墓を建てるもしくは購入する時期も考えて、早めに準備することをおすすめします。