葬儀費用を前もって準備しておきたい場合の保険の種類を徹底解明

葬儀費用を前もって準備しておきたい場合、保険の種類を意識してください。
費用の負担軽減を目的とした少額短期保険というものがあり、これを葬儀保険と言います。
葬儀保険には種類があるため、準備を万全にしておきたい人はこの記事を参考にすると良いです。

1つ目に紹介する種類は、保険金定額タイプというものです。
保険料定額タイプは支払う保険料が年齢によって異なり、月々の掛け金は年齢に比例して増えます。
しかし受け取ることができる保険金額は変わりません。

保険金100万円を受け取ることができる契約を結んだ場合を考えてみましょう。
49歳までは月々1,500円となり50歳から69歳までは月々2,000円となる、といったように年齢によって金額が変わるのが保険料定額タイプの特徴です。
それでも保険金は100万円となります。

様々な保険会社から保険金定額タイプのものが出ていますが、基本的な特徴はどれも同じです。
年齢ごとの保険料の高さも、保険会社の設定によって異なります。
高くなるタイミングについて、加入前に保険会社の公式サイトやパンフレットなどをチェックして把握しておきましょう。

2つ目に紹介する種類は、保険料一定タイプというものです。
保険料一定タイプは毎月の保険料は一定であり、加入者が99歳になるか亡くなるまで変わることがありません。
ただし受け取ることができる保険金額は、年齢に応じて減額されます。

月々3,000円で契約を結んだ場合を考えてみましょう。
49歳までに亡くなった場合は200万円、69歳までに亡くなった場合は150万円、といったように年齢に応じて保険金が減るのです。
保険料一定タイプについても、保険会社から様々なものが出ています。
たとえば保険金が30万円や60万円、90万円と分かれているものがあります。
他にも月々3,000円か5,000円、7,000円などと保険料によって選べるものもあります。

保険会社はそれぞれ工夫して様々な保険を開発しているため、加入前に情報をチェックして比較しておくことが重要です。
また保険料についてですが月々600円程度の安いものもあれば、1万円程度の高いものまであります。

葬儀保険の種類は主に保険金定額タイプと保険料一定タイプの2つであり、内容はとてもシンプルとなっています。
どちらを選んだ方が良いか迷ってしまう場合は、保険会社に相談してアドバイスをもらい検討することをおすすめします。

葬儀費用の平均相場は?