遺影写真の選び方や費用は?終活で生前に撮影する場合の値段差は?

葬儀時に祭壇などに飾る写真のことを、遺影写真と言います。
初めての葬儀ではどのような写真を選んだら良いか、またそれを用意するためにいくら費用がかかるか、などで悩むことがあるでしょう。
最近では終活のために生前に撮影する場合もあるため、値段差についても紹介します。

遺影写真の選び方ですが、特にこうでなければならないという決まりはありません。
どのような写真でも基本的に問題はないのです。
しかし祭壇に飾ることを考えると、綺麗に写っているものが良いです。
ピントが合っており、大きく引き伸ばしてもぼやけない写真がおすすめです。
また亡くなった年齢まで生きたという証となるため、できる限り最新のものを選ぶと良いです。

そして遺影写真は業者に相談すれば、加工や編集をしてもらえます。
加工や編集の内容によって費用は変動しますが、その相場は5,000円から7,000円と言われています。
出来上がった遺影写真に額縁やリボンなどを加えると、さらに5,000円ほど高くなります。

遺影とする写真のサイズによっても、費用は変動します。
葬儀社に依頼して写真を仕上げてもらう場合、20,000円から30,000円ほどかかるかもしれません。

終活の一環として生前に撮影する場合、写真店に依頼するのが一般的でしょう。
遺影写真を専門とするカメラマンもいるため、自分の人生の終わりに備えておきたい人やそう考える家族がいる人は事前に相談すると良いです。
写真のサイズやオプションによって費用は変動しますが、15,000円から20,000円が相場です。

元々持っている写真から遺影写真を作成する場合、6,000円前後で済むかもしれません。
デジカメのSDカードやスマートフォンの中にある写真データを送れば、注文できるサービスもあります。

このサービスを利用すれば、業者に依頼する場合と比較して半額以下となるかもしれません。
葬儀社に相談するとプロのカメラマンが撮影を担当するため、人件費が発生して高くなることもあるのです。
それが大きな差となるため、予算に余裕のない場合は安いサービスを選んでも良いでしょう。
せっかくの遺影写真にこだわる場合、業者や葬儀社に相談すると良いです。

終活をしていた故人が遺影写真用のものを残している場合はそれを使い、それ以外の場合は綺麗で最新のものを使うようにしてください。
高いものは30,000円近くになりますが、予算に応じて適切なものを使用するようにしてください。

葬儀費用の平均相場は?