告別式料理は何を出せば良いの?精進落としの値段の平均をチェック

告別式のために出す料理について、知らない人も多いのではないでしょうか。
また初七日法要終了後に葬儀や法要が無事済んだという報告や感謝やねぎらいの気持ちを込め、食事の席を設けることを精進落としと言います。
精進落としの値段の平均もチェックし、失敗しないように準備を進めておくと良いです。

まず告別式料理は何を出せば良いのかですが、実は細かなルールがあります。
しかし無難に精進料理を出せば問題ないでしょう。
精進という言葉には雑念を捨て去り修行に励むという意味があり、元々は仏教用語でした。

故人が亡くなってから四十九日までの期間を、忌中と言います。
肉や魚を食べることを避け、毎日精進料理を食べながら故人を悼む期間とされていました。
そのため肉や魚を使った料理は、出さない方が良いでしょう。

特にエビやタイなどのおめでたいイメージがあるものは、タブーとされています。
故人をしのびながら食事する席には合わないとされているため、控えるようにしてください。

反対に煮物や季節で旬のものを使った料理が、定番となっています。
事前に料理店やホテルなどに事情を伝えて、個人をしのぶ席に合った内容にしてもらってください。

精進落としの値段の平均ですが、ランクによって異なります。
一般的なランクの場合、1人当たり2,000円となります。
それよりも高いランクの場合、1人当たり10,000円を超えることもあります。
値段の平均に差が見られる理由のは、料理の内容や量に違いが見られるためです。

当たり前の話ですが精進落としに参加する人数が少なければトータルコストは低くなり、反対に多くなるとトータルコストは高くなります。
そして料理の内容にも微妙な違いがあり、参加者に子どもや未成年者がいればそれに合わせた料理も必要です。

飲み物に関してはアルコールだけではなく、ソフトドリンクも必要です。
未成年者やお酒が苦手な人が参加する場合もあるためです。

また僧侶が精進料理を辞退する場合は、お膳料やお車代を包んで渡す必要があります。
このように様々な要因が存在するため、いくらかかるかはハッキリとはわかりません。
1人当たりの値段の平均は、2,000円から10,000円と覚えておきましょう。

精進という言葉には深い意味があり、それに合わせて料理の内容を考えておく必要があります。
また精進落としの値段の平均は記事の中で紹介した通りですが、それに合わせてどのような料理ができるかについても考えておくと良いです。

葬儀費用の平均相場は?