返礼品や香典返しの費用は?挨拶状などのルールやおすすめの商品

通夜や葬儀に参列してくれた人のためにお礼状をつけて渡す品物を返礼品と言い、法要が無事に終了したという報告を兼ねたお礼を香典返しと言います。
返礼品や香典返しにも費用がかかるため、その相場を紹介します。
また挨拶状などのルールやおすすめの商品もあるため、一緒に紹介します。

返礼品や香典返しにかかる費用ですが、半返しが目安となるでしょう。
半返しとは香典を返すという意味の言葉で、半額の費用が目安となるのです。
ただし受け取った香典が高額な場合は、必ずしも半額の費用をかける必要はありません。
受け取った分は相手からの気持ちと理解して、そのお返しは半分以下から4分の1程度で良いとされています。

また通夜や葬儀の参列者にお返しする当日返しというパターンもあり、その相場は2,500円程度となっています。
当日返しの場合、香典が5,000円程度であることを想定するのが一般的です。
いずれにしても返礼品や香典返しは、高ければ良いというわけではありません。
半額かそれ以下の費用であっても、感謝の気持ちを込めることが大切です。
費用には相場はあるものの絶対ではないため、迷った場合は葬儀社に相談すると良いです。

挨拶状などのルールですが、句読点は使用しない方が良いとされています。
法要が滞りなく済むという意味を込めて、文章の途中に句読点を入れて途切れさせるのは良くないと考えられているためです。

また挨拶状の場合季節の挨拶は不要であり、頭語や結語なども省略して構いません。
拝啓や敬具などを入れる必要はないのですが、もしも入れる場合は両方入れてください。

故人の名前の書き方は、喪主との続柄となります。
亡父や祖父母、弊社社長、など書けば良いです。
ちなみにギフトショップを利用すれば挨拶状を用意してもらえる場合もあるため、自分で書く必要はありません。

おすすめの商品ですが、不祝儀を残さないという意味であとに残らないものが良いとされています。
たとえば海苔や砂糖、コーヒーやお茶などの食べ物や飲み物です。
他にも石けんや洗剤など、使えば残らないものも定番となっています。
しかし肉や魚などの生ものやお酒などの嗜好品は、避けた方が良いとされています。

返礼品や香典返しには専用のカタログがあり、挨拶状はショップが用意してくれたものを使用しても問題ありません。
迷った場合はギフトショップや葬儀社に相談し、挨拶状を自分で作成する場合は書き方のルールに注意してください。

葬儀費用の平均相場は?