最近注目の自然葬とは?火葬後に行う散骨方法の種類ごとの費用

最近話題になりつつある散骨方法の1つ、自然葬に興味がある方は多いと思います。
様々な方法があるこの自然葬ですが、エコなものから中にはすごいものまでさまざまなプランが用意されており、自分の好きなものを選ぶことができるでしょう。
特に近年の後期高齢化社会では終活と呼ばれるキーワードが出始めるなど、私たちにとって葬儀は欠かせないものになっています。

そこで今回はこの自然葬の種類やその費用について、一例ではありますがご紹介させていただきますね。

まず最初に自然葬の費用についてみていきましょう。
ここでは代表的な自然葬の1つである樹木葬、そして海に遺骨をまく海洋散骨についてご紹介します。

樹木葬の場合は近年人気が出てきている自然葬の1種で、主な費用の相場は一般的な墓石より安い70万円程度だといわれています。
というのも墓石などは新しく建てる場合は100万を超えるといわれているため、樹木葬の場合は金額をかなり抑えることができますね。
またお墓の管理や掃除などに関しては樹木が代わりを務めており、また埋葬する場所も認可が必要な場所のみなので霊園や墓地側が管理を行ってくれます。

そしてもう1つの海洋散骨ですが、これは海に粉にした遺骨を散布する方法です。
この方法ではお墓や土地が不要なため、樹木葬より相場は低く大体25万円程度といわれています。
お墓に必要な土地や管理がない分、更に費用が安くなっているわけですね。

次にこの樹木葬や海洋散骨についての詳しい内容についてご紹介します。
まず最初に樹木葬ですが、これは基本的に霊園や墓地でお墓の代用として樹木が目印になる物で、自然に近いことから近年受け入れが広まってきています。
また場所も公園のような場所から都市部の物、そしてより自然に近い山など様々です。
費用を抑えられるだけでなく、故人にゆっくりと過ごしてほしい場合には樹木葬はうってつけでしょう。

そして海洋散骨についてですが、これは先ほども書いた通り遺骨を海に撒く散骨方法です。
こちらも故人に自然の中でゆったりしてもらいたい、その様に思う方にとってはお勧めな方法でしょう。
また海洋散骨ではお墓などがない代わりに、散骨した場所を後々地図のような書類で知ることができます。

この2つの代表的な自然葬をご紹介しましたが、中にはバルーン葬や宇宙葬など、様々なものがあります。
しかしいずれの方法をとる場合でも、その費用や内容を周りに知ってもらうことは重要でしょう。
現代風ではあるかもしれませんがまだまだ知名度は低い為、しっかりと相談や準備をしてから決めることが重要ですね。

葬儀費用の平均相場は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です