無宗教葬とはどんな葬儀?費用やエンディングプランナーとの決め方

お葬式のスタイルの1つとして、無宗教葬というものがあります。
しかしこの無宗教葬という言葉、中々聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。
そもそもお葬式ではお坊さんがお経を唱えますし、ほとんど想像もつかない方ばかりだと思います。
また無宗教葬は別名自由葬とも呼ばれており、ますます混乱してしまいますよね。

そこで今回はこの無宗教葬の内容について、そしてその費用をご紹介していきたいと思います。

まず最初に無宗教葬の費用についてご説明しましょう。
基本的に家族葬等をする場合でも、相場は100万円近くになります。
これは実はお坊さんへのお布施や飲食費など、様々な費用がかさむためこの相場になっているわけです。
しかし無宗教葬の場合はお坊さんへお経を依頼しない場合、お布施分を支払う必要がありません。
このお布施は十万をこえることもある為、費用は目に見えて安くなるでしょう。

そしてもう1つ、費用が安くなりやすい要因の1つに祭壇があります。
無宗教葬では祭壇に菊の花などを使用しない、あるいは祭壇を用意しないパターンもあります。
その為祭壇も合わせて用意しない場合、更に費用が安くなるわけです。

この様に無宗教葬は祭壇の有無やお布施など、様々な事を決めて費用が決定するため、一般的な相場がありません。
自分の好みの費用で決定できる点は無宗教葬ならではのメリットといえるでしょう。

そして次にその内容ですが、別名自由葬とも呼ばれるように自分の好みで決めることができます。
先ほど書いたお経や祭壇に関してはもちろんの事、所要時間や内容など様々なものを自分の好みで決めることができる為選択肢は広いですね。

特にお経の代わりに楽器の演奏や故人のスライドショーなど、現代風なプランにすることも可能なため、式場のスタッフと相談して決めてみてはいかがでしょうか。
また先ほども書いた時間を短縮するために1日葬のスタイルにする、あるいはしっかりとお別れの時間を確保するためにも2日間行うなど様々な方法があります。

ただし注意点として無宗教葬の場合、納骨する場所などは事前に決めておかなければなりません。
お寺などへのお布施にも関係してくる内容ですが、お葬式にお坊さんを呼ばないとお寺との関係が悪くなる場合もあります。
その為納骨する場所、また親族や参列者への説明なども合わせて事前にしっかりと準備しておきたいですね。

自分の好みに合った内容、時間で行える無宗教葬、まさに自由葬と呼ぶにふさわしい選択の多さはほかにはない大きな特徴の1つでしょう。

葬儀費用の平均相場は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です