団体葬や社葬など参列者が多数いる場合の葬儀費用の相場はいくら?

団体葬、社葬などは参列者が非常に多いお葬式の1つです。
この様な形式のお葬式は会社で働いているとき、出張しているときなどに行われますがその規模は非常に大きく、大企業ともなるとその費用は計り知れないでしょう。
というのも大きい葬儀であればあるほど、飲食費や接待関連にかかる費用などは際限なく膨れ上がるためです。

そこで今回は社葬や団体葬の一般的な相場や費用、そしてその内容について簡単ではありますがご紹介したいと思います。

まず最初に団体葬や社葬の相場に関してですが、この葬儀を執り行うような企業はそこそこ規模が大きい会社がほとんどです。
その為参列者も多くなり、一般的な相場は何と300万円を超えることもある等、非常に高い金額になっています。

一般葬の平均相場が100万円なのを見ても、その価格は非常に高いことが見ただけで分かるでしょう。
特に会社の規模がおおきければ大きいほどその価格はどんどんと高くなるため、中々平均的な相場を決めることが難しい現状です。
その為ある程度の相場や費用を知るためには参列者がどのくらいいるのか、そもそもの団体葬や社葬の規模をどれくらいのものにするのかをあらかじめ決めることが重要でしょう。

そして団体葬や社葬の場合、その規模を決める、この点は葬儀だけでなく会社としても重要なポイントになってきます。
というのもこの団体葬や社葬をどれくらいの規模でできるか、またどのくらいスムーズに行えるかなどはその会社の評判や能力に関わってくる為です。

特に亡くなられた方がその会社で大きな業績を残していた場合などはその業績を、そしてその人がいなくなっても会社の体制は丈夫にできているということを対外的にアピールする機会になります。
参列者の方々を接待すると同時に会社の強さを知らせる、故人を思うだけでなく社葬や団体葬にはこの様な一面があるわけですね。

この様に会社の規模によって変わる社葬や団体葬ですが、その流れも規模によって変わってきます。
例えば何百人もが参加するお葬式の場合、先に密葬をすることで遺族の方々や親しかった人たちがお別れをし、その後社葬といった流れになるでしょう。
逆に人数がほどほどの場合は合同葬にし、遺族の方と会社のお葬式を一緒に行う場合も存在します。

その為社葬や団体葬を行う場合には規模や費用はもちろんの事、内容、そして大人数が来る場合は事前に会場を抑えておくことなど、決めておくことがたくさんあります。
事前の下準備を素早く、かつ正確にすることが団体葬や社葬では1番重要なポイントになるでしょう。

葬儀費用の平均相場は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です