火葬前の葬儀ができない時に行う骨葬には費用はいくらかかるの?

あまりなじみのないお葬式の1つとして骨葬とよばれるお葬式があります。
このお葬式は全くとはいかないものの、一般の方の場合には中々選ばれることのない方法でその内容を知っている人も少ないのではないでしょうか。
しかしこの骨葬には骨葬ならではのメリットや利点も存在します。
そこで今回はこの骨葬についての気になるポイントや、メリットなどをご紹介しましょう。

まず最初に気になるポイントとして、費用は外せません。
特に聞きなれないお葬式のスタイルということで、費用が一般的なものより高いのではと思う方もいるでしょう。
しかし実際の所、普通の一般葬と費用は余り変わらないのが現状です。
というのも骨葬は実は普通のお葬式の流れを少し変えている様な物なため、必要な費用もあまり変わらない訳ですね。

他にも東北地方など、この骨葬が一般的になっている地域では骨葬こそ一般葬のような扱いになっています。
全国的に見るとマイナーな骨葬、しかし費用は一般葬と同じくらいの費用のため、その内容もしっかりとしたものになっています。

ではその内容についてみていきましょう。
一般的な葬儀では基本的にお通夜、お葬式が終わった後に火葬をします。
しかし骨葬の場合はお通夜が終わった後に火葬をし、その後にお葬式を行います。
主な違いはこの点だけで、ほかの流れはほとんど変わることはないでしょう。

そしてこの火葬後のお葬式ですが、骨葬を選ぶ方は主に火葬前にお葬式ができない場合がほとんどです。
例えば骨葬の場合は急になくなられたとき、ほかの方の参列を待つ間に遺体が損傷してしまう、このようなことがありません。
また他にも闘病中に亡くなられてしまい、体がボロボロの方もいるでしょう。
その様な状態でお葬式をしたくはない、そのような際にも骨葬は選ばれることが多いです。

ただし骨葬が一般的になっている地域を除き、骨葬をする際にはある程度注意をしておくポイントがあります。
例えばやむを得ない事情で骨葬を選んだにも関わらず、なぜ骨葬にしたのかなど心無い質問をされることがあるでしょう。
この様な事を防ぐためにも、骨葬をする際は事前に通知や準備をしっかりとしておくことが重要ですね。

また他にもお通夜でしか最後に顔を合わせる機会がない点も注意をしたいポイントです。
1度だけでも顔を合わせたい、そのような方もいるかもしれません。
他にも宗教の関係上、火葬後のお葬式を拒否されるケースも少なからずあるようです。
骨葬は事前の下準備をしっかりすることが重要なお葬式のプランでしょう。

葬儀費用の平均相場は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です