一般葬の葬儀費用の相場は?家族葬との違いについても解説

お葬式で一番代表的なプランといえば、やはり一般葬は外せないでしょう。
最近では家族葬など個人のスタイルにも合わせた葬儀が増えていますが、いまだに一般では葬儀=一般葬のイメージは強いでしょう。
しかし中々その相場をすぐに答えれる人は少ないと思います。
というのも普段の生活では中々葬儀の費用を知ることはありませんよね。
そこで今回は基本的な一般葬の相場や費用、そして最近話題の家族葬と何が違うのかについてご紹介します。

まず最初に一般葬の平均的な相場についてみていきましょう。
一般葬は家族葬に比べると費用が高く、やはり100万から180万と、非常に高い金額が基本的にかかるといわれています。
また家族葬とは違い様々な方がお通夜、お葬式へと参列するためやはり家族葬よりは高い費用になってしまうでしょう。

この理由の1つとして、お葬式やお通夜で出る飲食物があります。
これは参列する方によって数が上下するため、どうしても人数の多い一般葬では費用がかさんでしまう原因になっています。
また同様に式場も大きい場所を確保する必要があるため、これも金額が高くなる要因の1つでしょう。
しかしこうした費用が掛かる反面、家族葬にはないサービスやメリットが一般葬には存在します。

それでは家族葬との違い、メリットは何があるのでしょうか。
まず最初に一般葬ならではのメリットとして、費用が高い分様々なサービスが受けれる点があるでしょう。
家族葬では様々な点を省略化し費用を抑えることが多いですが、一般葬は正に正統派のお葬式と言えます。
その為お葬式をする際に必要な項目がすべてしっかりと含まれていることがほとんどのため、不自由なくお葬式をすることができるでしょう。

また、一般葬では様々な人が参列する為、後からの個別に対応することも少ない点はメリットです。
家族葬の場合では葬儀をし終わった際弔問対応があることがほとんどですが、一般葬はそれがほとんどありません。
後々の負担を減らせる、これも一般葬ならではのメリットといえるでしょう。

そして参列者にとっての一般葬のメリットとして、亡くなられた方の顔を見る最後の機会にもなります。
お世話になった方に1目最後に顔を合わせたい、そのような方もいるのではないでしょうか。
またそのような方たちから家族では知らない意外な一面などの思い出話につながる可能性もありますね。

一見費用が高いように見える一般葬ですが、その費用には確かな理由があります。
様々な面を安心して任せられるプランのための費用、正統派なお葬式をしたい方はぜひ一度考慮してみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です