役所で申請できる葬儀費用に関する補助金の種類や給付金制度とは

葬儀費用が高額となり満足のできる葬儀ができないと悩む人は、補助金の申請を検討してみてください。
役所で申請できる葬儀費用に関する補助金には種類があり、給付金制度というものもあります。
費用面で悩む人は補助金の種類を覚え、給付金制度について勉強すると良いでしょう。

まず種類ですが、亡くなった人が加入している保険によって異なります。
国民健康保険加入者適用の場合、葬祭費という種類となります。
市役所などの自治体の窓口に相談すれば給付金を受け取ることができるのですが、金額は自治体によって異なりおおむね1万円から7万円となります。
葬儀から2年が経過すると申請不可となるため、タイミングには注意してください。

健康保険加入者適用の場合、埋葬料という種類となります。
申請先は自治体ではなく、全国健康保険組合などの健康保険を運営する各組合となります。
金額は上限5万円となります。

ちなみに埋葬料の支給対象は亡くなった被保険者と同居していた家族、つまり生計を維持する関係にあった人に限られます。
それ以外の場合でも葬儀をしてくれる人がいれば、埋葬料が支給される場合もあります。
こちらも上限は同じく5万円です。

そもそも給付金制度というのは、わかりやすく言えば葬儀にかかる費用を負担してもらえる制度です。
必ず申請しなければならないのですが、それが認められれば国や自治体から葬祭費用の一部が支給されるのです。

内容もそれぞれ細かく異なるため、故人に該当したものを申請するようにしてください。
たとえば葬祭費の支給を希望する場合、亡くなった方の保険証や喪主の印鑑が必要となります。

そして埋葬料についてですが、厳密に言うと葬儀費用を負担するためのものではありません。
埋葬料は霊柩車や火葬にかかった費用など、埋葬するために必要となった費用を支援するためのものです。

また健康保険でも国民健康保険でも、保険加入者が亡くなった場合は資格喪失が必要です。
手続きのために14日以内に届出をする必要があるため、申請前に必ず済ませておいてください。
誰かが亡くなった前後は何かと忙しいかもしれませんが、必要な手続きは忘れないように注意してください。

費用がなく葬儀そのものをあきらめてしまい、火葬のみという選択をする人もいるかもしれません。
しかし給付金制度を利用して補助金が認められれば負担が減るため、故人や遺族が理想としていた葬儀が可能となるチャンスがあるのです。

葬儀費用の平均相場は?

遺影写真の選び方や費用は?終活で生前に撮影する場合の値段差は?

葬儀時に祭壇などに飾る写真のことを、遺影写真と言います。
初めての葬儀ではどのような写真を選んだら良いか、またそれを用意するためにいくら費用がかかるか、などで悩むことがあるでしょう。
最近では終活のために生前に撮影する場合もあるため、値段差についても紹介します。

遺影写真の選び方ですが、特にこうでなければならないという決まりはありません。
どのような写真でも基本的に問題はないのです。
しかし祭壇に飾ることを考えると、綺麗に写っているものが良いです。
ピントが合っており、大きく引き伸ばしてもぼやけない写真がおすすめです。
また亡くなった年齢まで生きたという証となるため、できる限り最新のものを選ぶと良いです。

そして遺影写真は業者に相談すれば、加工や編集をしてもらえます。
加工や編集の内容によって費用は変動しますが、その相場は5,000円から7,000円と言われています。
出来上がった遺影写真に額縁やリボンなどを加えると、さらに5,000円ほど高くなります。

遺影とする写真のサイズによっても、費用は変動します。
葬儀社に依頼して写真を仕上げてもらう場合、20,000円から30,000円ほどかかるかもしれません。

終活の一環として生前に撮影する場合、写真店に依頼するのが一般的でしょう。
遺影写真を専門とするカメラマンもいるため、自分の人生の終わりに備えておきたい人やそう考える家族がいる人は事前に相談すると良いです。
写真のサイズやオプションによって費用は変動しますが、15,000円から20,000円が相場です。

元々持っている写真から遺影写真を作成する場合、6,000円前後で済むかもしれません。
デジカメのSDカードやスマートフォンの中にある写真データを送れば、注文できるサービスもあります。

このサービスを利用すれば、業者に依頼する場合と比較して半額以下となるかもしれません。
葬儀社に相談するとプロのカメラマンが撮影を担当するため、人件費が発生して高くなることもあるのです。
それが大きな差となるため、予算に余裕のない場合は安いサービスを選んでも良いでしょう。
せっかくの遺影写真にこだわる場合、業者や葬儀社に相談すると良いです。

終活をしていた故人が遺影写真用のものを残している場合はそれを使い、それ以外の場合は綺麗で最新のものを使うようにしてください。
高いものは30,000円近くになりますが、予算に応じて適切なものを使用するようにしてください。

葬儀費用の平均相場は?

葬儀で利用する寝台車の搬送費用と霊柩車の違いについて解説します

人が病院で亡くなった場合その遺体は自宅に連れて帰るか、葬儀会場まで運び出す必要があります。
葬儀社や搬送業者に依頼して搬送してもらう場合、寝台車というものが必要です。
寝台車の搬送費用はいくらか、そして霊柩車とはどのように違うのか、について解説します。

まず寝台車についてですが、そもそも搬送費用は業者によって独自に設定されています。
そのため安い業者もあれば、高い業者もあります。
一般的には同じ距離をタクシーで移動したときの10倍程度の金額が、寝台車の費用と言われています。

遺体を病院から10キロメートルの場所に搬送した場合、4万円程度が搬送費用の相場となります。
内訳ですが人件費として約2万円、そしてドライアイスなどの消耗品や移動費用にそれぞれ約1万円かかります。
業者ごとに基本料金が異なる場合もあり、相場は1万円から2万円と言われています。

また時間帯によって料金体系が変わる場合もあり、搬送が深夜か早朝になると1万円ほど追加料金が発生するかもしれません。
高層マンションなどの高い部屋まで移動する場合、搬送する業者の負担が大きくなるため費用が高くなる可能性があります。
このように状況に応じて運送費用は変動します。

寝台車と霊柩車の違いですが、その用途にあります。
そもそも寝台車とは、主に病院から遺体を運び出す際に使用する車のことです。
人が病院で亡くなった場合、そこで納棺を行うことは基本的にはありません。
葬儀前に故人を自宅まで連れ帰り、布団などに寝かせたり葬儀会館の安置室へ運ぶという流れが一般的です。
寝台車は遺体を搬送しやすいように、担架やストレッチャーが固定できるように設計されています。

霊柩車は遺体が納められた棺を、葬儀場から火葬場まで運ぶ際に使用する車のことです。
一昔前の霊柩車は後部に神社や寺院の建物や輿などがあり、宮型というスタイルが一般的でした。

現在では宮型霊柩車ではなく、リムジンのようなスタイルの洋型霊柩車が一般的となっています。
洋型霊柩車の方が落ち着いた雰囲気があり、小規模な葬儀にも合うという理由から人気があるようです。
また寝台車と霊柩車の運転には、一般貨物自動車運送事業の許可が必要です。

タクシーの10倍程度の金額が目安となるのですが、具体的にいくらかかるかは業者に相談してチェックした方が早いです。
霊柩車とは用途が違うため、病院から搬送する必要がある際は寝台車の手続きを行ってください。

葬儀費用の平均相場は?

告別式料理は何を出せば良いの?精進落としの値段の平均をチェック

告別式のために出す料理について、知らない人も多いのではないでしょうか。
また初七日法要終了後に葬儀や法要が無事済んだという報告や感謝やねぎらいの気持ちを込め、食事の席を設けることを精進落としと言います。
精進落としの値段の平均もチェックし、失敗しないように準備を進めておくと良いです。

まず告別式料理は何を出せば良いのかですが、実は細かなルールがあります。
しかし無難に精進料理を出せば問題ないでしょう。
精進という言葉には雑念を捨て去り修行に励むという意味があり、元々は仏教用語でした。

故人が亡くなってから四十九日までの期間を、忌中と言います。
肉や魚を食べることを避け、毎日精進料理を食べながら故人を悼む期間とされていました。
そのため肉や魚を使った料理は、出さない方が良いでしょう。

特にエビやタイなどのおめでたいイメージがあるものは、タブーとされています。
故人をしのびながら食事する席には合わないとされているため、控えるようにしてください。

反対に煮物や季節で旬のものを使った料理が、定番となっています。
事前に料理店やホテルなどに事情を伝えて、個人をしのぶ席に合った内容にしてもらってください。

精進落としの値段の平均ですが、ランクによって異なります。
一般的なランクの場合、1人当たり2,000円となります。
それよりも高いランクの場合、1人当たり10,000円を超えることもあります。
値段の平均に差が見られる理由のは、料理の内容や量に違いが見られるためです。

当たり前の話ですが精進落としに参加する人数が少なければトータルコストは低くなり、反対に多くなるとトータルコストは高くなります。
そして料理の内容にも微妙な違いがあり、参加者に子どもや未成年者がいればそれに合わせた料理も必要です。

飲み物に関してはアルコールだけではなく、ソフトドリンクも必要です。
未成年者やお酒が苦手な人が参加する場合もあるためです。

また僧侶が精進料理を辞退する場合は、お膳料やお車代を包んで渡す必要があります。
このように様々な要因が存在するため、いくらかかるかはハッキリとはわかりません。
1人当たりの値段の平均は、2,000円から10,000円と覚えておきましょう。

精進という言葉には深い意味があり、それに合わせて料理の内容を考えておく必要があります。
また精進落としの値段の平均は記事の中で紹介した通りですが、それに合わせてどのような料理ができるかについても考えておくと良いです。

葬儀費用の平均相場は?

故人の遺産を葬儀費用に使用したら相続放棄できないって本当?

亡くなった被相続人が財産を残していた場合、それを相続する権利を放棄することを相続放棄と言います。
故人の遺産を葬儀費用に使用したら相続放棄できないという意見があるのですが、それは本当なのでしょうか。
事情があり相続放棄の手続きをしない場合、正しい知識を身につけておくことです。

相続放棄をする場合、被相続人が残した遺産に手をつけてはいけないことになっています。
手をつけてしまうと、単純承認となります。
単純承認とは被相続人の一切の財産を無条件で相続すると認めることであり、民法でも規定があります。

民法上の単純承認が認められた場合、相続放棄はできません。
つまり相続放棄を考えている人は、故人が残した財産に手をつけない方が良いのです。

しかし葬式費用については、単純承認とはならないという判例があります。
裁判で被相続人の身分相応な葬儀を行った費用について、被相続人の財産から支出した場合単純承認に当たるかどうかが争われたことがあります。
身分相応の当然営まれるべき程度の葬式費用に充てられた場合は、単純承認には当たらないという判決となりました。
葬式は社会的儀式と必要性の高いものでその時期を予測することは困難であり、葬式のために相応の費用がかかるという理由です。

つまり故人の遺産を葬儀費用に使用しても、妥当な金額であれば相続放棄は可能なのです。
ただし葬式費用に含まれるものと、含まれないものがあるのです。
葬式費用に含まれるものですが、相続税法上決まっています。
たとえば死体の捜索や運搬にかかる費用、遺体や遺骨の回送費用、葬式または葬送にかかる費用などです。

他にもお通夜の費用や読経料などのお礼に係る費用が、葬儀費用として認められています。
上記した5つの項目に関しては故人の遺産を使用しても、相続放棄に影響しません。

ちなみに墓石や墓地の買入または借入費用、初七日や法事などの費用や香典返しの費用などは葬儀費用として認められていません。
ただし社会的に必要な範囲で墓石などを購入する必要がある場合は、単純承認に当たらない可能性もあります。
裁判所は断定できないという立場であるため、詳しくは弁護士に相談すると良いでしょう。

以上の通り相続放棄が認められるためには財産に手を出さないことが条件となるのですが、葬儀費用に含まれるものに関しては話が別です。
過去の判例でも単純承認とはならないため、相続放棄はできないという意見は間違いとなります。

葬儀費用の平均相場は?

通夜ぶるまいはどんな料理を準備する?料金の相場について調査

通夜が終了した後に弔問客を別室に案内し、酒食を振る舞うことを通夜ぶるまいと言います。
どんな料理を準備して料金はいくらかかるのか、知らない人もいるでしょう。
料理の内容と料金の相場について調査しましたので、その結果をまとめます。

まず通夜ぶるまいで準備する料理ですが、定番となっているのはサンドイッチです。
サンドイッチは手軽につまめて食べやすいという理由から、様々な地域に人気があります。
オードブルなどを大皿に用意し、簡単に食事できるようにもてなすと良いです。

通夜ぶるまいは元々は精進料理で、肉や魚などは避けられていました。
最近では特にこだわらず、内容は簡素化されつつあります。
地域によっては寿司や刺身などを出すところもあります。

飲み物は死の穢れを清めるという意味を込めて、日本酒やビールなどのアルコール類を用意する場合もあります。
ただし通夜ぶるまいの席は宴会ではないため、過度の飲酒は良くありません。
アルコール類を用意する場合は、量が多くならないように注意してください。

車で来る人やアルコール類が苦手な人、小学生くらいの子どももいるかもしれません。
そのような人たちでも飲めるようなソフトドリンクも、忘れずに用意しておきましょう。

料金の相場ですが、大皿料理は1皿が3人から5人分として寿司は3,000円から5,000円ほどです。
煮物やオードブルは、3,000円ほどと言われています。
飲み物に関しては、1人当たり2,000円ほどとなります。
総額いくらかかるかについては、当日の参加人数や食事量にも差があるためハッキリとしたデータがありません。
1人当たりの料金の相場を参考にして、計算しておくことです。

通夜ぶるまいだけではなく、葬儀そのものに費用がかかります。
故人が残した資金があれば良いですが、あまり余裕がないという家庭もあるかもしれません。
そのような場合は、料金に関する相談も可能な葬儀社を頼ってみてください。

そもそも通夜ぶるまいについて詳しく知らない人は、何をしたら良いかわからないはずです。
料理の内容や予算面など様々なことを相談し、的確なアドバイスをもらってください。
通夜ぶるまいにかける料金は、必ずしも高額である必要はないのです。

料理の内容に困ったらサンドイッチやオードブル、そして日本酒やビールなど定番のものを用意することをおすすめします。
そして料金は人数が多くなるほど高額となるため、参加者の数は早めにハッキリさせておくべきです。

葬儀費用の平均相場は?

寺院へのお布施の内訳は?相場の値段とお布施の渡し方について

僧侶に読経や戒名について感謝を込めて金品を渡すことをお布施と言います。
寺院へのお布施には決まった内訳があり、渡し方にもマナーがあります。
知らない人のために情報をまとめておきますので、相場の値段と一緒に覚えておくと良いでしょう。

寺院へのお布施の内訳ですが、大きく4つに分かれています。
1つ目は読経料で、葬儀の儀式でお経をあげた僧侶に対する謝礼です。
2つ目は戒名料で、故人に付けられた戒名に対する謝礼です。
厳密に言うと読経料と戒名料は菩提寺や仏様に対する謝礼であり、僧侶個人に対して渡すものではありません。

3つ目はお車代で、葬儀会場が菩提寺以外の場所となることがあります。
そのような場合に僧侶に対し、交通費代わりに渡す金額がお車代となります。
4つ目は御膳料で、葬儀終了後には精進落としが行われることが一般的です。
しかしこれに参加しない、もしくは参加できない僧侶もいます。
そのような場合に僧侶に対し、会食費代わりに渡す金額が御膳料となります。

お車代と御膳料は、僧侶個人に対する謝礼となります。
しかしこの2つは必要に応じて包むものです。
そして4つの値段の相場は、それぞれ異なります。

読経料の相場は、3万円から30万円です。
相場に10倍ほどの開きが見られるのには、葬儀の形態やお経の回数によって変動するためです。
戒名料の相場にも開きがあり、15万円から80万円です。
ちなみに戒名にもランクがあり、高い位であれば100万円を超えることも珍しくありません。

お車代は送料の交通費に該当し、相場は5,000円から1万円となります。
ただし菩提寺との付き合いや僧侶が移動した距離の長さを考慮して、1万円よりも高額となる場合もあります。
御膳料は会食費代わりとなり、相場はお車代と同じです。

お布施を渡すときのポイントですが、まず白い無地の封筒に包みます。
封筒の表書きはお布施または御布施と書き、読経料や戒名料といった書き方はしないでください。
包むお金ですが、新札を準備しておくことがマナーとされています。

渡すタイミングは葬儀開始前の挨拶のとき、または葬儀終了後に読経のお礼を伝えるときです。
ただし僧侶の時間的な余裕も考えて、タイミングを見計らいましょう。

僧侶に渡すお布施には深い意味があるのですが、それについてはあまり詳しく知られていないかもしれません。
内訳とその相場、正しい渡し方をマスターして失敗しないようにしましょう。

葬儀費用の平均相場は?

返礼品や香典返しの費用は?挨拶状などのルールやおすすめの商品

通夜や葬儀に参列してくれた人のためにお礼状をつけて渡す品物を返礼品と言い、法要が無事に終了したという報告を兼ねたお礼を香典返しと言います。
返礼品や香典返しにも費用がかかるため、その相場を紹介します。
また挨拶状などのルールやおすすめの商品もあるため、一緒に紹介します。

返礼品や香典返しにかかる費用ですが、半返しが目安となるでしょう。
半返しとは香典を返すという意味の言葉で、半額の費用が目安となるのです。
ただし受け取った香典が高額な場合は、必ずしも半額の費用をかける必要はありません。
受け取った分は相手からの気持ちと理解して、そのお返しは半分以下から4分の1程度で良いとされています。

また通夜や葬儀の参列者にお返しする当日返しというパターンもあり、その相場は2,500円程度となっています。
当日返しの場合、香典が5,000円程度であることを想定するのが一般的です。
いずれにしても返礼品や香典返しは、高ければ良いというわけではありません。
半額かそれ以下の費用であっても、感謝の気持ちを込めることが大切です。
費用には相場はあるものの絶対ではないため、迷った場合は葬儀社に相談すると良いです。

挨拶状などのルールですが、句読点は使用しない方が良いとされています。
法要が滞りなく済むという意味を込めて、文章の途中に句読点を入れて途切れさせるのは良くないと考えられているためです。

また挨拶状の場合季節の挨拶は不要であり、頭語や結語なども省略して構いません。
拝啓や敬具などを入れる必要はないのですが、もしも入れる場合は両方入れてください。

故人の名前の書き方は、喪主との続柄となります。
亡父や祖父母、弊社社長、など書けば良いです。
ちなみにギフトショップを利用すれば挨拶状を用意してもらえる場合もあるため、自分で書く必要はありません。

おすすめの商品ですが、不祝儀を残さないという意味であとに残らないものが良いとされています。
たとえば海苔や砂糖、コーヒーやお茶などの食べ物や飲み物です。
他にも石けんや洗剤など、使えば残らないものも定番となっています。
しかし肉や魚などの生ものやお酒などの嗜好品は、避けた方が良いとされています。

返礼品や香典返しには専用のカタログがあり、挨拶状はショップが用意してくれたものを使用しても問題ありません。
迷った場合はギフトショップや葬儀社に相談し、挨拶状を自分で作成する場合は書き方のルールに注意してください。

葬儀費用の平均相場は?

安い棺は故人がかわいそう?棺の種類と費用について徹底解説します

安い棺は故人がかわいそう、という考え方があります。
葬儀のスタイルや死に対する考え方が多様化した影響もあり、明るく楽しい雰囲気を希望する人もいるのです。
故人の希望に合わせた葬儀にするために、棺の種類と費用について解説しましょう。

棺の種類には大きく4つのものがあります。
1つ目は木棺で、その名の通り木材が使用された種類です。
檜やもみなどを天然木材を使用したもの、フラッシュ材などの人工木材を使用したもの、とさらに細かく分けることができます。

2つ目は布張棺で、長方形の棺の周りを布で巻いたものです。
巻くための布のことを布帛を言い、麻や木綿などの素材から作られています。

3つ目はエンバー棺で、アクリル板で中を覆った状態の棺です。
エンバーミング処置を施した遺体専用の棺であり、この棺の中に入れて遺体を長期間保管するのです。

4つ目はエコ棺で、その名の通りエコロジー意識から誕生した棺です。
エコ棺の原材料は、間伐材や段ボールなどです。
費用がかからず環境問題への配慮という簡単から、近年エコ棺の人気が高まっています。

以上の4つの種類がメジャーと言われており、費用の相場にも差が見られます。

木棺の費用の相場は、4万円から100万円以上となります。
使用された木材の品質が良く完成度も高いものは、100万円以上となる場合もあるのです。

布張棺の費用の相場は、1万円から30万円となります。
木棺と比較すると安いですが、布によって棺をデザインできるため30万円を超える場合もあります。
費用をかけてデザインにこだわる人もいるため、安い棺とは言い切れません。

エンバー棺の費用の相場は、10万円から30万円となります。
布張棺の費用と同じくらいか、少し高くなる可能性があります。

エコ棺の費用は、5万円から20万円となります。
相場を見ると4つの種類の中で最も安いため、費用をかけたくない人から選ばれています。

またこれらの費用の相場ですが、絶対ではありません。
棺の大きさや形状、その他デザインによって費用が変動するためです。
故人の宗派は葬儀を行う地域の風習などによっても、棺の特徴が変わるかもしれません。
それらを踏まえたうえで、参考にしてみてください。

棺にかかる費用に関しては安いものを否定する人もいますが、高ければ良いというわけでもありません。
種類やデザインなども含めて故人の希望を尊重し、必要な費用をかけて素晴らしい葬儀にすることが重要ではないでしょうか。

葬儀費用の平均相場は?

祭壇の種類にはどんなものがある?タイプ別費用や選び方について

葬儀の祭壇には様々な種類があり、それによって必要となる費用の相場も異なります。
タイプ別費用や選び方について情報をまとめますので、葬儀の準備を進めたい人は参考にしてください。
葬儀を良い内容にするためには、祭壇にこだわりを持ちましょう。

仏式葬儀において伝統的であり現在の日本でも一定のニーズがあるのが、白木祭壇と呼ばれるタイプです。
最上部に家の屋根のようなパーツがあり、これをこしと言います。
伝統的な白木造りの祭壇が特徴で、費用は20万円から120万円が相場となります。

また生花で装飾された祭壇を生花祭壇と言い、こちらも日本では普及しています。
昔の時代では、有名人の葬儀では生花祭壇が一般的だったようです。
葬儀のスタイルが多様化した現代において、生花祭壇は故人の個性を表現しやすいという理由から需要が高いです。
費用は20万円から80万円が相場金額。
一般的にですが白木祭壇と比較すると少し安くなる場合もあります。

キリスト教式の葬儀では、キリスト教祭壇が用いられています。
仏教とキリスト教では死や葬儀の概念が異なり、祭壇にものをお供えする慣習がないのです。

祭壇の選び方ですが、規模と宗派の2つがポイントとなります。
葬儀の規模によって、祭壇の適切なサイズが異なります。
たとえば規模の大きな会場なのに小さな祭壇にしてしまうと、不自然となるでしょう。
大きなサイズの祭壇の方が、見栄えは良いとされています。
近年葬儀は悲しいものではなく、明るく楽しい雰囲気で故人を見送ろうという考え方が強くなっています。

宗派が仏教の場合、あまり気にする必要はないでしょう。
日本の葬儀社の大半は、仏式葬儀用の祭壇に対応しているためです。
しかし宗派が神道やキリスト教などの場合、対応できない葬儀社もあります。
宗派に合った祭壇を希望する場合、なるべく早めに葬儀社に相談して対応可能かどうかをチェックすることです。

決まった形にこだわらず個性的な祭壇を希望する場合も、葬儀社に相談すると良いです。
故人の希望や遺族の意向を尊重し、葬儀をプロデュースしてくれるところもあります。

あくまでも相場ですが祭壇の費用は安ければ20万円、高ければ100万円以上となります。
祭壇の選び方にもある程度決まりがあるものの自由にできる場合もあるため、費用のことも含めて葬儀社に伝えてみてください。

葬儀費用の平均相場は?