四十九日法要や納骨式など法事に関わる費用についてまとめました

法事に関わるイベントとして、四十九日法要や納骨式などがあります。
これらの法事に関わるものにも費用がかかるため、できる限り早いタイミングで準備しておいた方が良いです。
四十九日法要や納骨式のためにどのくらいかかるのか、費用についてまとめてみました。

まず四十九日法要とは、仏教の法要の中でも重要な法要の1つに数えられています。
故人の来世での行き先が決まる重要な日とされており、故人に徳を与えれば極楽浄土へ行くことができると考えられています。

四十九日法要には、まず本位牌が必要となります。
本位牌にかかる費用の相場ですが、形や素材など飾りによって異なります。
高価なものは10万円となり、一般的なものであれば2万円から3万円となります。
本位牌は長期にわたり使用するものであるため、基本的には値段に関係なく故人が気に入ったものを選ぶと良いとされています。

会場費ですが、自宅が会場となる場合は必要ありません。
ホテルや祭場などをレンタルする場合、3万円から15万円が相場となります。
会食費の相場は、3,000円から5,000円ほどかかります。
お寺へのお布施ですが、3万円から5万円が相場となります。
ただし多くの宗派ではハッキリとした基準がないため、葬儀のお布施の10分の1程度で良いでしょう。

次に納骨式とは、火葬後の遺骨をお墓や納骨堂に納めるための儀式のことです。
日本では火葬後に遺骨を骨壺に納め、一定期間仏壇や祭壇に置き供養するのが一般的です。
その後納骨のためには、埋葬許可証が必要となります。
納骨式には線香やロウソク、お供え物の果物などが必要です。
高価なものを用意する必要はありません。
しかしこれらのために、5,000円から1万円ほどかかるでしょう。

またお布施の相場ですが、四十九日法要と同じように3万円から5万円とされています。
ちなみに檀家となっている場合、お布施が5万円を超える場合もあります。
葬儀社に相談すれば、金額を設定してもらえるかもしれません。

僧侶に個人的に渡す費用として、お車代と御膳料もあります。
お車代とは僧侶の移動費のことであり、5,000円から1万円が相場となります。
御膳料は僧侶が食事をしなかった場合にかかる費用であり、5,000円から2万円が相場となります。

四十九日法要と納骨式はともに故人にとって重要なものであり、必要となる費用はただのお金ではないのです。
費用面で心配がある場合は、できる限り早いタイミングで葬儀社に相談することをおすすめします。

葬儀費用の平均相場は?

仏壇や仏具にかかる費用はいくら?仏壇を決める時の注意点も解説

葬儀費用には様々な項目が存在し、仏壇や仏具のことも考えておく必要があるでしょう。
仏壇や仏具にかかる費用はいくらなのか、仏壇を決める時に注意点はあるのか、などを解説します。
必要な準備を進めて、故人を見送る素敵な葬儀を目指しましょう。

仏壇や仏具にかかる費用の相場ですが、まず仏壇は8万円から150万円となります。
相場が大きく開いている理由は、仏壇にも様々な種類があるためです。

職人の手によって作られた金仏壇という種類が最も高く、100万円から150万円が相場となります。
金仏壇と比較すると1つランクダウンしますが、唐木仏壇というものが一般的と言われています。
質素な見た目でありながら明治時代ごろから作られるようになった種類であり、70万円から100万円が相場となります。

これらの他にもミニ仏壇や上置き仏壇というものもあり、8万円から15万円が相場となります。

仏具に関してですが、仏壇のために必要なものがいくつかあります。
たとえば天井から吊る瓔珞は、一般的なものであれば4,000円から5,000円が相場となります。
中には水晶によって派手にデザインされたものもあり、20万円以上かかる場合もあります。
最近ではおしゃれを意識した仏具セットもあり、5万円以下が相場となります。

仏壇を決める時の注意点ですが、まずサイズを考えてください。
どうせなら地味ではなく派手にしたいという考えから、大きなサイズの仏壇を購入する人もいます。
スペースに余裕があればそれでも良いのですが、仏壇には号数というものがあります。
同じ仏壇であっても高さや幅、奥行きが決まっているのです。

サイズが合わず置き場所に困ってしまうことがないように、コンパクトなものを選ぶと良いかもしれません。

また購入時期や納期についても、事前にチェックしておくことです。
仏壇には決まった購入時期はなく、基本的に自由となります。
しかし四十九日の法要に合わせて仏壇開きを行うため、それに合わせて購入したいと考えるのが一般的でしょう。

法要が行われる前に仏壇を用意したい場合、それに間に合うかどうかをチェックしておくことが重要です。
最近では仏壇はインターネット上で購入することもできるため、早めに注文すると良いです。

仏壇は高くても150万円が目安となるため、豪華なものを希望する場合は記事の中で紹介した相場を参考にしてみてください。
スペースの余裕や時期に注意して、納得できる仏壇を探してみてください。

 

お墓を建てるのにかかる費用の相場と内訳は?

お墓を建てるためにも費用が必要となりますが、あなたはその相場について知っていますでしょうか。
費用の内訳をチェックすると細かく分かれているため、事前に知っておくと費用の準備の役に立つかもしれません。
お墓を購入する際のポイントもあるため、合わせて解説します。

まずお墓を建てるためにかかる費用の相場は、145万から205万円となっています。
上記した費用はあくまでも相場であり、145万円もかからない場合もあります。
反対に石材や立地などの影響で205万円を超える可能性もあるため、いずれにしてもお墓を建てる場合は余裕を持って費用を準備することが重要です。
高価なお墓の購入には、300万円以上かかる場合もあるのです。

お墓の費用の内訳ですが、大きく2つに分けることができます。
1つは墓石代、もう1つは敷地代です。
墓石代とは、石の加工にかかる費用のことです。
そもそも墓石は1つの石だけではなく、複数の部品が集まっています。
墓石本体には竿石や上台、中台や芝台などの様々な部品の集合体なのです。

敷地代には永代使用料というものがあり、簡単に言うとお墓を建てるために場所の権利を買う必要があります。
一度永代使用料を支払っていれば、永代に渡り使用することができます。
先の世代が永代使用料を負担していれば、子孫たちはお墓を引き継ぐことができます。

次にお墓を購入する際のポイントですが、時期にあります。
購入の時期は大きく2つに分かれており、1つは生前購入でもう1つは死後購入です。

生前購入とは家族の中に不幸がないうちにお墓の準備を済ませることで、死後購入はその反対で不幸があった後に準備をします。
お墓を建てるもしくは購入するタイミングに、絶対的な決まりはありません。
ただし最近では自分が元気なうちにお墓を建てる人もいるのですが、税金対策となる場合もあります。

元気なうちからお墓を準備する場合、そのお墓を生前墓と言います。
実は生前墓は、縁起が良いとされています。
生前墓は別名寿陵墓と言い、中国の秦の始皇帝は強いこだわりを持っていたと言われています。
日本の聖徳太子も、寿陵墓を建てています。
それにならい早い時期に購入しても良いかもしれません。

記事の中では145万円から205万円という費用の相場を紹介しましたが、いずれにしても自分の死について費用がかかることを考えておきましょう。
お墓を建てるもしくは購入する時期も考えて、早めに準備することをおすすめします。

葬儀費用を積み立てで準備する方法とは?互助会とはどんなシステム?

葬儀費用は高額となる場合もあるため、事前に準備しておきたいと考える人もいます。
そのため葬儀費用を積み立てで準備する方法が人気であり、互助会というシステムがあります。
互助会とは一体どんなシステムなのか、わからない人のために解説します。

どのような人生を歩むかは人それぞれですが、冠婚葬祭といった重要なイベントがあります。
冠婚葬祭には費用がかかり、あきらめてしまう人もいるかもしれません。
しかし冠婚葬祭に備えて会費の積み立てができるシステムがあり、それを冠婚葬祭互助会と言います。

互助会とは、冠婚葬祭互助会の通称です。
葬儀以外のイベントの費用も積み立てておくことができます。
会員は毎月一定の金額を掛け金として支払い、それが積み立てられるのです。
毎月の掛け金の相場は、数千円程度となっています。
葬儀社により様々なプランが用意されており、2,000円から5,000円が一般的ではないでしょうか。
支払い回数もバラバラであり、60回から90回など差が見られます。

互助会の監督官庁は経済産業省であり、営業活動のためには許認可が必要です。
日本が高度成長期を迎えると互助会の数が増え、活動が活発となったという経緯があります。

互助会に入会することにはメリットがあります。
まず積み立てができるシステムであるため、葬儀費用を計画的に準備できることです。
積み立てによって十分な費用の準備ができていれば、急な葬儀でも費用面の負担を軽減できるのです。

互助会の会員は、毎月決まった金額を積み立てすることになります。
たとえば毎月の掛け金を2,000円とした場合、長期にわたり2,000円ずつ積み立てができるのです。
自分自身で貯金をして管理することが面倒な場合、積み立てシステムを有効活用すると良いです。

また積み立ての途中で引っ越しをしても、解約する必要はありません。
互助会は全国各地にあり、住所が変わっても移籍すれば問題ありません。
そして会員には葬儀に関する様々なサポートがあり、費用が安くなる場合もあります。
最近では終活セミナーに参加できるなどのサービスもあり、内容は多様化しているようです。
終活に興味のある人にもおすすめです。

互助会に興味がありいざというときのために備えておきたい人は、手続きを進めてみてはいかがでしょうか。
費用の準備が万全ではないと遺族の負担が大きくなってしまう可能性もあるため、真剣に考えることをおすすめします。

葬儀費用の平均相場は?

葬儀費用は分割払い可能?支払い方法の種類や金利手数料について

葬儀費用は高額となる場合もあり、一括ではなく分割で支払うことを希望する人もいるかもしれません。
高額となった葬儀費用は分割払いが可能かどうか、知らない人のために情報をまとめておきます。
支払い方法の種類や金利手数料についても説明しますので、是非ともチェックしてみてください。

葬儀費用の分割払いについてですが、利用した業者が対応していれば可能となります。
すべての葬儀業者が分割払いに対応しているわけではありません。
そのため分割払いを希望する場合、事前に葬儀業者のパンフレットや公式ホームページをチェックして対応可能であるところを探すと良いです。

葬儀費用の支払いですが、昔は現金による一括払いが一般的でした。
分割払いに対応できる業者はほとんどなかったようです。
しかし最近では業者が社会的なニーズを意識してか、分割払いが可能な場合もあるのです。

故人のために葬儀内容を豪華にした場合、当然ですが費用が高額となります。
棺や祭壇の種類や葬儀のスタッフにかかる人件費などが、費用が高額となる理由です。
しかし残された遺族の負担を考えると、現金による一括払いでは無理な場合もあります。
サービス性の良い業者であれば、分割払いに対応しているでしょう。

葬儀費用を分割で支払う場合の方法ですが、クレジットローン会社の葬儀ローンを利用することです。
支払い方法の種類としては、葬儀ローンがポピュラーとなります。
ローン契約によって必要な費用を用意し、毎月分割で返済することになります。
葬儀ローンを組みたい場合、審査を受けてそれにクリアする必要があります。
審査に通らなかった場合は契約できないため、その場合は用途が自由なフリーローンを検討してください。

ローン契約を結び分割払いを行う場合、金利手数料もかかります。
分割のための金利手数料は1回払いであってもかかり、回数が多くなるほど手数料のトータルは高くなります。
設定はローン会社ごとに異なるため、具体的にいくらかかるかはわかりません。
たとえば36回払いとした場合、1回払いの場合と比較すると相場は5倍から6倍になると言われています。
少額で済む場合、支払い回数は少ない方が良いでしょう。

分割払いに対応した葬儀業者も登場していますが、未だに現金による一括払いのみというところもあるため注意してください。
ローン契約の内容や必要となる金利手数料については、葬儀社やローン会社とよく話し合いチェックしてください。

葬儀費用の平均相場は?

故人の確定申告を行えば医療費が控除される準確定申告の方法

実は故人の確定申告を行えば医療費が控除される場合があり、そのための手続きを準確定申告と言います。
個人事業主が行う確定申告という手続きがありますが、それとは別の手続きであるため間違えないようにしましょう。
準確定申告の方法をまとめておきましたので、参考にしてみてください。

まず準確定申告の具体的な手続き内容ですが、亡くなった被相続人の住所地の税務署に申告書を提出する必要があります。
申告する人の住所地の税務署ではないため、間違えないように注意してください。

準確定申告の手続きですが、原則として相続人全員が連名で申告することになります。
相続人の誰かが全員を代表して申告することは可能なものの、その場合申告内容を他の相続人に伝えなければなりません。

また準確定申告には確定申告書第一表と、確定申告書第二表という書類があります。
必要事項を記入して内容に問題がなければ、手続きが進みます。
第一表には確定申告書Aと、第二表には確定申告書Bと書かれています。
その前に準の文字を書き足してください。

また準確定申告は亡くなった被相続人の名前で行うのですが、実際に申告するのは相続人です。
申告書には相続人の氏名と、マイナンバーを記入する必要があります。

準確定申告には、必要となる添付書類があります。
通常の確定申告と同じように源泉徴収票や生命保険などの控除の証明書、医療費の領収書などです。
本人確認のために、申告する人のマイナンバー関係書類も必要となります。
相続人が複数いる場合、全員分のマイナンバー関係書類が必要となります。

また相続人がマイナンバーカードを持っている場合は、両面のコピーも添付する必要があります。
マイナンバーカードを持っていない場合は、まずマイナンバーの通知カードが必要です。
それと運転免許証やパスポートを組み合わせ、コピーを添付すれば問題ありません。

ちなみに通常の確定申告であれば、専用のオンラインシステムから手続きができます。
被相続人の死亡による準確定申告では、同じオンラインシステムを利用できません。
必要書類を揃えて税務署に提出する必要がありますが、郵送することは認められています。

準確定申告も確定申告と同じように決められた期間内に手続きを行う必要があるため、必要書類などは忘れずにチェックしてください。
通常の確定申告と同じように税理士に依頼すれば代行してもらえる場合もあるため、早めに相談すると良いです。

葬儀費用の平均相場は?

相続税から葬儀費用を控除できる?控除対象と対象外の費用について

葬儀費用は確定申告で税金の控除を受けられないことになっています。
では相続税から葬儀費用を控除することは、果たしてできるのでしょうか。
控除対象と対象外の費用には違いがあるため、それについても解説します。

まず相続税から葬儀費用を控除できるかどうかですが、結論を述べるとできます。

通常の確定申告で葬儀費用の控除を申請しても、所得税とは違うため認められません。
しかし葬儀には多額の費用がかかる場合もあります。
葬儀の規模や人件費などの内容によって異なるのですが、100万円から200万円以上となる場合もあるのです。
遺族の負担を軽減しようという目的から、相続税から控除することは認められているのです。

ただしすべての費用が控除対象となるわけではありません。
控除対象として認められているのは、葬儀のために必ずかかる費用のみとなります。
たとえば遺体の搬送費用や遺体や遺骨の回送費、納骨のためにかかる費用などが該当します。
これらの費用は葬儀のために必ず必要となるため、控除対象となります。

控除を希望する場合、必ず領収書を保管しておいてください。
葬儀を2回行った場合、それが親族間で行ったものであれば控除対象となります。

控除の対象外となるのは、葬儀とは直接関係ない費用です。
葬儀費用として必ず発生する費用かどうか、が控除対象と判断される基準となります。
判断基準に従い必要性がないと考えられる費用については、控除は認められないことになっています。

たとえば遺体解剖費や墓石の彫刻料、位牌や仏壇などの購入費用などが該当します。
遺体は必要に応じて解剖する必要があり、司法解剖や行政解剖などの種類があります。
しかしこれが葬儀と直接関係のあるものではなく、控除の対象外となります。

墓石の彫刻料、位牌や仏壇などの購入費用なども認められません。
これらは葬儀後に納骨してから必要となる費用とみなされるため、控除の対象外となります。

いずれにしても葬儀のために必ず発生のみが対象となり、それ以外の費用については認められません。
最悪なくても良いと判断される費用については控除の対象外となるため、間違えて控除を申請しないように注意してください。

相続税から葬儀費用を控除できる場合とできない場合があり、葬儀のために必要不可欠な費用であれば問題ありません。
控除の対象と認められるかよくわからない費用がある場合、葬儀社か税理士に相談することをおすすめします。

葬儀費用の平均相場は?

葬儀費用は確定申告で税金の控除を受けられない?その理由とは

実は葬儀費用は確定申告で税金の控除を受けられないことになっているため、手続きを進めようと考えていた人は冷静になりましょう。
確定申告をする必要がある人は手続きの準備をすれば良いですが、葬儀費用の控除を目的としていた人は待ってください。
控除が認められない理由など、必要な知識を身につけるのです。

確定申告は所得から税金が控除される仕組みとなっているため、葬儀は対象外となります。
そのため葬儀費用を計算して控除を申請しても、所得ではないため認められないのです。
また葬儀の参列者から受け取る香典は、非課税とされています。
香典については、確定申告の手続きは不要です。

そもそも一般的に個人が行う確定申告とは、所得税の申請のことです。
1月1日から12月31日までに得た収入を計算し、納税すべき所得税を確定させます。
副業などを行っていない会社勤めの人は、自分自身で手続きをする必要はありません。

しかし医療費や寄附金が一定額を超えた場合、手続きをすると税金が安くなる場合もあります。
そのため葬儀費用も同様に申告すれば、税金が安くなると勘違いしている人もいます。
残念ながら葬儀費用は別であり、控除の対象外なのです。

ただし相続税から葬儀費用を控除することは認められています。
相続税とはの場合は被相続人である故人が不動産や貯金などの財産を残した場合、それを譲り受けた相続人が国に納める税金のことです。
本来であれば譲り受けた財産に従い、税金を支払うことになります。

しかし葬儀費用は多額になることもあり、そうなると遺族の負担は大きくなります。
遺族側の負担を考慮した結果、相続税に関しては葬儀費用の控除が認められているのです。

葬儀費用の控除ですが、そのすべてが認められるわけではありません。
葬式を執り行うために必ず必要となる費用に関して認められ、直接関係のないものには認められないことになっています。
火葬や埋葬などにかかった費用、遺体や遺骨の回送にかかった費用、などには認められます。
香典返しや墓石の買い入れ、解剖などにかかった費用には認められません。

確定申告を行うべきか判断できない場合、葬儀社または税理士に相談することをおすすめします。

以上の通り葬儀費用は所得税とは関係ないため控除は受けられないことが基本なのですが、相続税から葬儀費用を控除する場合は話が別です。
確定申告には決まった期間があるため、早めに準備をして納税は忘れずに行いましょう。

葬儀費用の平均相場は?

葬儀保険に加入するメリットとデメリットとは?保険費用はいくら?

葬儀の費用を負担することを目的とした少額短期保険というものがあり、これを葬儀保険と言います。
負担軽減のため葬儀保険に加入するのは良いのですが、事前にメリットとデメリットについてきちんと理解しておきましょう。
保険費用はいくらになるのか、一緒に解説しておきます。

葬儀保険に加入するメリットは、普通の生命保険に加入するのが難しい高齢者でも入りやすいことです。
生命保険の内容も進化しており、今では持病がある人でも入りやすいものもあります。
しかしすべてが高齢者に優しい内容というわけではなく、加入を申し込んでも拒否される場合もあります。

葬儀保険は全国の葬儀社が代理店となり、販売を行います。
死亡した際の葬儀費用を保障するものであり、保険金も最高で300万円ほどとなるでしょう。
生命保険よりも審査が緩いため、高齢者にとって優しい商品と言えます。

反対に加入するデメリットは、保険の責任開始期に注意しなければならないことです。
つまり葬儀保険の契約日から一定期間は、保険が適用されないのです。
契約成立日から葬儀保険が適用される日までの間に、1ヶ月間の空白時期が存在します。
この空白時期に保険契約者が亡くなってしまった場合、残念ながら保険は下りないのです。

保険費用の相場ですが、加入時の年齢やプランによって異なります。
たとえば満19歳から満79歳まで加入可能な葬儀保険の場合、年間7,000円の保険料がかかります。
満40歳から満75歳のものは、年間3,630円となります。
上記したものはあくまでも相場であり、例として考えてください。

葬儀保険にも種類があり、保険金定額タイプの場合年齢に応じて保険費用が高くなります。
ただし保険契約者が亡くなった年齢に関係なく、受け取ることができる保険金は一定です。

いずれにしても葬儀保険は少額短期保険であり、死亡保険と比較すると割安となります。
保険の性質上死亡時に下りる保険金が葬儀に必要な金額だけとなるため、少額でも問題ないとされています。
中にはワンコインで契約できる葬儀保険もあるため、経済的に余裕がないと考えていた人にもチャンスがあるかもしれません。
様々な保険会社の商品を比較して、希望にするものを探してみると良いです。

葬儀保険は高齢者でも加入しやすいのですが、空白期間に亡くなってしまうと加入した意味がなくなるため要注意です。
保険費用に関しては安いものもあるため、相場のデータを参考にしつつ様々なものを探すと良いです。

葬儀費用の平均相場は?

葬儀費用を前もって準備しておきたい場合の保険の種類を徹底解明

葬儀費用を前もって準備しておきたい場合、保険の種類を意識してください。
費用の負担軽減を目的とした少額短期保険というものがあり、これを葬儀保険と言います。
葬儀保険には種類があるため、準備を万全にしておきたい人はこの記事を参考にすると良いです。

1つ目に紹介する種類は、保険金定額タイプというものです。
保険料定額タイプは支払う保険料が年齢によって異なり、月々の掛け金は年齢に比例して増えます。
しかし受け取ることができる保険金額は変わりません。

保険金100万円を受け取ることができる契約を結んだ場合を考えてみましょう。
49歳までは月々1,500円となり50歳から69歳までは月々2,000円となる、といったように年齢によって金額が変わるのが保険料定額タイプの特徴です。
それでも保険金は100万円となります。

様々な保険会社から保険金定額タイプのものが出ていますが、基本的な特徴はどれも同じです。
年齢ごとの保険料の高さも、保険会社の設定によって異なります。
高くなるタイミングについて、加入前に保険会社の公式サイトやパンフレットなどをチェックして把握しておきましょう。

2つ目に紹介する種類は、保険料一定タイプというものです。
保険料一定タイプは毎月の保険料は一定であり、加入者が99歳になるか亡くなるまで変わることがありません。
ただし受け取ることができる保険金額は、年齢に応じて減額されます。

月々3,000円で契約を結んだ場合を考えてみましょう。
49歳までに亡くなった場合は200万円、69歳までに亡くなった場合は150万円、といったように年齢に応じて保険金が減るのです。
保険料一定タイプについても、保険会社から様々なものが出ています。
たとえば保険金が30万円や60万円、90万円と分かれているものがあります。
他にも月々3,000円か5,000円、7,000円などと保険料によって選べるものもあります。

保険会社はそれぞれ工夫して様々な保険を開発しているため、加入前に情報をチェックして比較しておくことが重要です。
また保険料についてですが月々600円程度の安いものもあれば、1万円程度の高いものまであります。

葬儀保険の種類は主に保険金定額タイプと保険料一定タイプの2つであり、内容はとてもシンプルとなっています。
どちらを選んだ方が良いか迷ってしまう場合は、保険会社に相談してアドバイスをもらい検討することをおすすめします。

葬儀費用の平均相場は?